精油プロフィールの覚え方

もしも将来、アロマの仕事に就きたい人にとっては、

精油のプロフィールを覚える事は、とても必要な事です。

よって、アロマの仕事に就きたい人の中には、自分なりに工夫して精油のプロフィールを覚えている人がいるようです。

暗記カード

アロマの仕事で必要とされる精油の事を暗記するために、受験生みたいに暗記カードに書いて、常に持ち歩いている人がいるそうです。昔ながらの覚え方ですが、定番の方法と言えます。

スマートフォンでサイト閲覧

職場などの外出先では、テキストを開いて勉強していると目立ってしまうかもしれません。出来るなら目立たずに勉強したい、と思うことでしょう。
そんな時は、スマートフォンでアロマ資格のサイトを見て勉強するという方法は、どうでしょうか。

また、子育て中の小さい「お子様」を持つママの場合、テキストを開くと「お子様」にグジャグジャにされたり、パソコンを使っていると「お子様」がキーボードに触ったりして、落ち着いて勉強しにくいかもしれません。
こんな時もスマートフォンのほうが、サイトを見やすいでしょう。

ちょっとした隙間の時間などにアロマの勉強をしたい方は、スマートフォンを活用してみましょう。

「精油の香り」の覚え方

様々なアロマ

アロマ検定の試験に指定されている精油は、2級では10種類です。
そして1級では、2級の精油に10種類を加えて、全部で20種類の「精油の香りとプロフィール」を理解する必要があります(2007年当時のアロマ検定)。

20種類の精油の中には、香りが「そっくりの精油」があります。その嗅ぎ分け難しい、と言われています。
それぞれの精油について、芳香浴やアロマバスで試したりして、覚えてみましょう。

紙に「香り」を染み込ませる方法

アロマの「精油の香り」を覚える方法の一つに、科名ごとに紙に「香り」を染み込ませて覚えるという方法があります。
科名ごとに「香り」を嗅ぎ分ける事によって、「そっくりな香り」の「かすかな違い」も判ってきます。

ところで

嗅ぎ分けが難しい精油として、グレープフルーツとスイートオレンジがあります。

どちらも果皮を圧搾して精油を取り出すので、「かすかな香り」から嗅ぎ分ける必要があります。少し時間を置いて嗅ぐと、「香り」の違いがわかると思います。

難しい「精油の嗅ぎ分け」

アロマ検定で多くの受験者が悩む点は、やはり精油の「嗅ぎ分け」です。「香り」の試験は、これからアロマの仕事をしたい人にとっては大切な分野です。

「精油の匂い」を覚えるのに苦労している人が多い、と言われています。個人によって「香り」の感じ方は違います。しかし多くの人において、ミカン科とウッド系の「香りの分け方」が難しいという意見がありました。

なお、一度に「多くの香り」を嗅ぐと、気分が悪くなるそうです。1日に2種類から3種類くらいに抑えるほうがいいかもしれません。

あと、試験用の精油を「まとめて購入したい方」は、精油キットを購入すると便利です。