香水

香水

目的に合う香水の選び方

香水を使う目的は、 他の人に対して主張するため、 自分が楽しむため、 主にこの2つでしょう。 例えば他の人に対して「セクシーさ」を伝えたい場合、「桃みたいな香り」を選ぶと良いでしょう。
香水

男性のおしゃれに使える香水

男性の方が、「香り」を身にまとうおしゃれをするのも良いです。男性化粧品売り場には、香水も置かれていると聞きました。 「匂い」がキツすぎるとイメージダウンになりますが、ほのかに香るくらいなら女性からのウケも良いと思います。
香水

ファッションの一部になった香り

20世紀の初めの頃、香水は体臭をごまかすために使われる物とされていたそうです。 しかし今ではファッションの大切なアイテムとして、「香水の香り」が用いられています。 現在の香水は、その人のイメージをガラッと変えてしまう「チカラ」がある、と言えます。「香水の香り」によって、セクシー感やギャップ感などを演出できます。
2021.04.05
香水

体臭の軽減に使われている香水

どんな人にも、多かれ少なかれニオイがあります。なのでずっと昔から「そのニオイ」を消すために、香水が使われてきました。 香水を付ける場合は、汗をかいていない時、理想を言えば「お風呂上り」の時に付けると良いです。
2021.04.05
香水

素敵なプレゼント品と言える香水

プレゼント品の一つとして、香水があります。バレンタインデーなどの機会に「香水をプレゼントしてみたい」と思っている人がいる、と思います。 女性なら、自分が選んだ香水を彼が付けてくれたら、やっぱり嬉しいでしょう。
香水

「香り」で「その人らしさ」を演出できる香水

ファッションアイテムの中でも、香水は特に個人差が表れるアイテムと言われています。「匂い」に対しては、「個人の好き嫌い」が出やすいと思います。 例えば、パルファンという種類の香水は高濃度なので、豪華なイメージの香水です。よって「豪華さ」を演出できるでしょう。
2021.04.05
香水

気軽に楽しめる香水・練り香水

練り香水とは、固形の香水です。ミツロウやワセリンに「香り」を付けて、ワックスみたいに固めた香水です。 「香りの強さ」は、あんまり強くないです。よって気軽に使える香水と言えます。
香水

花粉症を軽減できる、アロマの精油

アロマテラピーによる花粉症対策があります。 「ひどい鼻水」や「鼻詰まり」「くしゃみ」という症状には、ティッシュにユーカリ・ラジアタの精油を付けて吸入してみましょう。 アロマの精油を使えば、花粉症にまつわる不快な症状を軽減できる場合があります。
2021.04.05
香水

集中力をアップさせたいなら、バジルのアロマオイル

バジルの効能は、集中力のアップです。シャキっとするので、朝にはピッタリです。 もしも朝から何もする気が起きない時は、バジルのアロマで気分を向上させてみましょう。
2021.04.05
香水

女性向きのアロマと言える、ゼラニウムの精油

ゼラニウムは、観葉植物として人気があります。葉っぱの香りは、バラの花に近いと言われています。 ゼラニウムの期待できる効能として、殺菌作用やホルモンバランスを整える作用があります。生理の際に起こる女性の体の不調を緩和してくれる、とされています。
2021.04.05
タイトルとURLをコピーしました