ほっとする香り、和風のアロマオイル

和風のアロマオイル

アロマオイルについて、研究が進められています。そして「和のアロマオイル」と言えるような、「日本で馴染みの深い香り」が登場しています。そんな「香り」の中でも、

竹・杉・ケヤキ・柚・紫蘇(しそ)・よもぎ・菖蒲(しょうぶ)・梅・桜

などは、日本人なら「ほっとする香り」でしょう。

ただし花粉症の方がいるので、むやみに日本の「樹木の香り」をおすすめできません。

梅の香り

和風のアロマオイルと言われている物の一つに、「梅の香り」があります。
梅と聞いたら、やはり「酸っぱさ」を想像するかもしれません。しかし「アロマオイルの香り」は、甘い感じです。甘くて「心地良い香り」は、例えば「お客様」をお出迎えする玄関などにピッタリです。

柚の香り

「柚の香り」も、和のアロマオイルと言われている物の一つです。
柚には、血管を拡張させて血行を良くして、体を温めてくれる効能があります。また、風邪を引きにくくすると言われています。

竹の香り

竹林「竹の香り」は、ちょっと薄いかもしれません。しかし、殺菌作用や浄化作用に優れています。

昔から竹の皮は、お弁当を包むのに使われてきました。この殺菌作用の効能があるから、使われてきたようです。

和のアロマ・お香

「和風の香り」と言ったら、お香を思い浮かべるかもしれません。アロマオイルだけでなく、お香も「香り」を楽しむのに「おすすめな物」です。

お香の使い方は、まずは窓を全部開けて、部屋の空気を入れ替えます。その後、お香を焚いてください。

特に部屋がジメジメして湿った感じになっている時、お香を焚くと、部屋の雰囲気をリフレッシュできると思います。
さらに「お香の香り」は、部屋干し洗濯物の嫌なニオイも消してくれます。
また、カビを予防できる「お香」の場合では、部屋の防カビ効果を期待できます。

色々と調香された物があるので、心地良い香りの「お香」を見つけて使ってみましょう。