ほっとする香り、和風のアロマオイル

和風のアロマオイルの香りって、どんなものがあるか、ちょっと知りたい。

「和の香り」がするアロマには、以下のものがあります。

  • 梅の香り
  • 竹の香り
  • 柚の香り

日本で馴染みのある香りだから、気分がほっとするでしょう。

和風のアロマオイル

アロマオイルについて、研究が進められています。

そして「和のアロマオイル」と言えるような、「日本で馴染みの深い香り」が登場しています。

そんな「香り」の中でも、以下のものは、日本人なら「ほっとする香り」です。

  • ケヤキ
  • 紫蘇(しそ)
  • 菖蒲(しょうぶ)
  • 柚(ゆず)
  • よもぎ

ただし花粉症の方がいる場合は、むやみに日本の「樹木の香り」をおすすめできません。ちょっと注意が必要です。

梅の香り

梅の花
梅の花

和風のアロマオイルと言われている物の一つに、「梅の香り」があります。

梅と聞いたら、やはり「酸っぱさ」を想像するかもしれません。

しかし「アロマオイルの香り」は、甘い感じです。

甘くて「心地良い香り」は、例えば「お客様」をお出迎えする玄関などにピッタリです。

竹の香り

竹林

「竹の香り」は、ちょっと薄いかもしれません。

しかし、殺菌作用浄化作用に優れています。

昔から竹の皮は、お弁当を包むのに使われてきました。この殺菌作用の効能があるから、使われてきたようです。

柚の香り

柚(ゆず)
柚(ゆず)

「柚の香り」も、和のアロマオイルと言われている物の一つです。

柚には、血管を拡張させて血行を良くして、体を温めてくれる効能があります。

また、風邪を引きにくくする、と言われています。

気分を良くする香り

アロマの魅力は、成分だけではありません。「素敵な香り」も魅力と言えます。

人の心は、「香り」や「匂い」に影響を受けます。

良い香り」だと、心地良い気分になります。

逆にクサいニオイだと、嫌な気分になったり、元気がなくなったりします。

例えばアロマテラピーでは、その「香り」を利用して人の心を癒します。

もしもまだ「アロマの香り」をじっくりと体験した事がない人は、ぜひ一度体験してみましょう。

特に和風のアロマオイルだったら、香りに「親しみ」を感じると思います。
きっと心地良い気分になれます。