集中力が低下する可能性もある、子供の「いびき」

健康な子供は「いびき」をかくことはなくて、朝までスヤスヤと眠るようです。
もしも子供が大きな「いびき」をかいて寝ている場合、注意が必要です。

毎日のように子供が「いびき」をかくのは、

睡眠の質が悪く、体に何かの不調があるという可能性があります。

なお「いびき」をかいている時は、十分な酸素が体の中に行き渡っていません。
特に子供の場合は、よく睡眠を取ることによって脳が発達します。そして筋肉や骨も成長します。
「いびき」によって血中酸素が不足してしまうと、体や精神の発達において、悪い影響を与えてしまいます。記憶力や集中力が低下する可能性もあります

このように、子供の「いびき」には大きな危険性が潜んでいます。
もしも昼間に子供がよく居眠りをするなら、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足になっている可能性も考えられます。
子供の「いびき」や「無呼吸」に気づいたら、まずは耳鼻科を受診するようにしてください。

「いびき」の原因

鼻炎の女の子「いびき」の原因としてまず考えられる事は、鼻炎です。子供の「鼻づまり」がひどい場合、それが原因になっている可能性があります。

鼻がよく詰まる子供を始め、日常的に口で呼吸をしている子供、「歯並び」が悪い子供、栄養のバランスが偏っている子供が、よく「いびき」をかくと言われています。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム