色んなチョコレートが飛び交う、バレンタインデー

一大イベント・バレンタインデー

バレンタインデー今年こそ「彼に思いを伝えたい」という女の子にとっては、バレンタインデーは「とても大切な一日」になります。恋する女の子にとっては、バレンタインというイベントは一大イベントと言えるでしょう。

バレンタインデーが近づくにつれて、食品を取り扱っている多くの販売店には、様々なチョコレートが並び始めます。チョコレートが陳列された場所を見ると、まるでチョコレート専門店のような光景となります。
ブランド品からカワイイ物まで、普段見かけないチョコレートが登場します。「チョコ大好き」という方にとっても、嬉しいと思います。

ただし男の子たちの中には、チョコをもらえないので「早く過ぎ去ってほしい」と願っている人もいるでしょう。とにかくバレンタインデーは、男女ともに「そわそわした気分になる日」と言えそうです。

ところで日本において、チョコレートの売上が多い時期はいつだと思いますか?
やはりバレンタインデーの時期は、とても売上が多いそうです。ある調査では、バレンタインデーの売上だけで、全体の売上の2割ほども占めていると言われています(日本の1年間のチョコレート売上に対して、2割ほどと言われています)。

色んなチョコレート

今では「すっかり定番のイベント」となったバレンタインは、近年多様化していると言えます。好きな人にあげる「本命チョコ」の他にも、いくつかのチョコレートがあります。

友チョコ

近年、本命や義理として渡すチョコレートよりも、友達に渡す「友チョコ」が主流になりつつある、という指摘があります。

友チョコとは、女の子が女の子の友達に「感謝の気持ち」を伝えるチョコのことです。相手が好きなチョコレートやスイーツを贈ります。企業のほうも、バレンタイン商戦にて友チョコを意識した商品を販売しています。

私は義理チョコよりも、友達に贈り物をする友チョコのほうが良いと思いました。なぜなら、義理で嫌いな人にチョコをあげる必要がないからです。
「友チョコ」のほうが、贈る人も受け取る人も嬉しい気分になれるでしょう。

ファミリーチョコ

お母さんが、「旦那さん」や「子供さん」に贈るチョコレートのことを「ファミリーチョコ」と言います。「家族みんな」で食べる物ですが、「お母さんの好み」のチョコレートになることが多いです。

マイチョコ

「マイチョコ」または「ご褒美チョコ」という物もあります。これは、自分自身に贈る「自分好み」のチョコレートのことを言います。ご褒美なので、高額であったり限定品であったりと、普段より豪華な物になります。

「マイチョコ」については、バレンタインデーに限る必要もないです。どの時期でも、ご褒美の「きっかけ」があれば食べて良いと思います。

お菓子
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム