容量が半分のコーヒーカップ・デミタスカップ

洋食器のデミタスカップは、なぜ使われるようになったのでしょうか。
「きっかけ」は1806年に、ナポレオンが大陸封鎖令を発令した事からでした。ナポレオンがイギリスの製品などをボイコットしたため、フランス植民地でコーヒー豆が大変に不足しました。
このような状況のため、コーヒーに代わる物や新しい種類のコーヒーが生まれる事になりました。

その最中、ローマのカフェ・グレコという店では、コーヒーの量を3分の1に減らして、価格も下げるという方法で、コーヒー豆が不足している状況を乗り越えました。
当時、このコーヒーの量を減らすという方法は、多くの「お客」に受け入れられました。その後、カフェ・グレコは、多くの姉妹店を出す事に成功しました。

この「コーヒーの量を減らすという方法」が、洋食器の種類としてデミタスカップが誕生する「きっかけ」になりました。

デミタスカップは、通常のコーヒーカップの「半分ほどの大きさ」であり、食後などに使用されるカップです。
このデミタスという名前の由来について言うと、フランス語で「デミ」が半分という意味、「タス」がカップという意味です。つまり、半分のコーヒーカップだからデミタスと言われています。
しかしよく見ると、「タス」がカップなので、デミタスカップでは、カップを意味する単語が二つ使われていることになります。

主にエスプレッソ用

カップ洋食器のデミタスカップは、主にエスプレッソを飲む時に使われます。
エスプレッソは濃い飲み物です。なので、小さいカップであるデミタスカップは、丁度良い容量と言えます。大きなサイズのカップで、エスプレッソなどの濃い飲み物を飲むと、飽きてしまうでしょう。

また、デミタスカップは、トルココーヒーを飲む時にも使われているそうです。
ちなみにトルココーヒーは、ほとんど粉と言って良いほどドロドロしたコーヒーです。たくさんの量を飲むのがツラいコーヒーなので、デミタスカップが使われているのかもしれません。

キッチン用品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム