チョコレートの発祥地・スペイン

スペインチョコレートの歴史は、フェルナンド・コルテスというスペインの野心家から始まります。1519年に、彼はメキシコからカカオを持って帰り、スペインのカルロス1世に献上しました。この出来事より、チョコレートの発祥地はスペインとされています。

フェルナンド・コルテスがスペインにカカオを持って帰った当初は、カカオは薬用の飲料として用いられていました。カカオを水に溶かして飲む事で、疲労回復の効果を得ようとしていたそうです。
そしてその後、カカオを「お湯」で溶かして、砂糖を加えてホットチョコレートという飲み物が登場しました。それが、飲まれるようになったそうです。この当時のホットチョコレートは、現在のスペインで飲まれているチョコラーテの元と言えます。

今でこそ、チョコの飲み物は多くの人たちに飲まれています。しかしずっと昔では、王室や貴族、金持ち商人たちだけが飲める貴重な飲み物でした。

スペインのチョコレート・ボデガ

スペインはチョコレート発祥の地であり、伝統的なチョコレートがある地域でもあります。そんなチョコレートで知られている物に、「BODEGA(ボデガ)」というチョコがあります。

このチョコレートは、「なめらかな口溶けさ」が特徴的です。その始まりは、スペイン北西部のラコルーニャという街で、ある家族が手作りした事でした。手作りしたボデガを、その家族は身近な人たちに配った事が始まりだったそうです。

そんな身近な人に配ったチョコレートは、その後アメリカのセレブたちにも広がる事となります。カンヌ国際映画祭やアカデミー賞という、有名で華やかなイベントにおいて、なんと公式のチョコレートに選ばれました。

近年日本国内でも、ボデガが販売されている場合があると聞きます。機会があれば、ぜひ食べてみましょう。

お菓子
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム