便秘になる時期がわかるなら、食物繊維で予防しましょう

便秘になりがちな時期

便秘に悩む女性女性が便秘になってしまう原因の一つは、女性ホルモンのバランスの変化があります。

黄体ホルモンと呼ばれている女性ホルモンが、排卵後から月経前まで多く分泌されます。そのホルモンによって、女性の体は水分を溜め込み、「腸の動き」も鈍くなります。便については、水分の少ない便になります。

以上より、女性には便秘になりがちな時期があると言えます。

なお、便秘になりがちな時期が予めわかるなら、それなりに便秘対策を行なえるでしょう。先程の女性ホルモンの分泌時期を知るためには、基礎体温を記録すると良いです。自分の生理のサイクルがわかるからです。

ホルモン・バランスの関係で、ご自身が「いつ便秘になりやすくなるのか」を把握して、その時期に水分や食物繊維を取るようにしましょう。少しは便秘の解消に繋がると思います。

食物繊維を含む食品

便秘解消法の一つとして、食物繊維を積極的に取ることがあります。
しかしそうは言っても、繊維質な食べ物を食べすぎてはいけません。様々な食品を食べつつ、食物繊維も取るようにしましょう。

例えば野菜の中にも、食物繊維が豊富な物があります。食物繊維の多い野菜には、「きのこ類」や「ごぼうなどの根菜類」、「かぼちゃ・さつま芋などの芋類」があります。

ご飯

もしもパン食の人であるなら、主食を「ご飯」に替えてみましょう。
主食を「ご飯」にして毎日食べると、それだけで「かなりの食物繊維」を取れます。

ご飯を玄米にすると、さらに食物繊維を取れます。
なお、玄米については、癖があるため食べにくそうと思っている人もいると思います。なので始めは、白米に少し玄米を混ぜて食べてみましょう。

芋類

また、さつま芋などの芋類には、全般的に食物繊維が豊富に含まれています。
甘くて美味しいので、たくさん食べられると思います。干し芋などは「おやつ」として、手軽に食べられるでしょう。

里芋や山芋は、便秘だけでなくて胃腸が弱い人にも「おすすめの食材」です。
ちなみに、ダイエット食品としてよく名前が出てくる「こんにゃく」も、実は芋の仲間です。

オオバコ

たくさんあるダイエット・サプリメントの中の一つに、「お通じ」を良くするサプリメントがあります。例えばサイリウム成分のサプリメントです。サイリウムという成分は、お腹の調子を整える目的のサプリメントやダイエット食品などに含まれています。

サイリウムとは、オオバコの一種から取れる食物繊維です。水分を吸うと膨らんで、「お通じ」を良くしてくれると言われています。

サイリウムは、市販の便秘薬にも用いられている成分です。なお、サイリウムのサプリメントと便秘薬を併用すると、腹痛や下痢を起こす可能性があります。併用して大丈夫か?自分で判断できない場合は、専門家に相談してください。

なお便秘にも、様々な原因があります。ストレスや緊張などの精神的な事による便秘の場合は、腸が「れん縮(収縮)」していることもあります。
その場合、食物繊維の「取り過ぎ」が逆効果となってしまうこともあります。よって、サイリウムで刺激を与えてはいけません。

このような場合は、乳酸菌を含むサプリメントなどを試したほうが良いでしょう。一般的にヨーグルトなどの乳製品は、お腹の調子を整えるとされています。
ヨーグルトをそのまま食べても良いし、カレーライスを作る際、カレーにヨーグルトを混ぜても良いです。野菜サラダにヨーグルトを掛けても美味しいでしょう。

ウエストラインが気になる方、お腹のメタボを気にしている方は、便秘に気をつけましょう。便秘は、「むくみ」の原因になったりもします。適切に食物繊維を取って、お腹をスッキリさせましょう。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム