症状の悪化を防ぐため、糖尿病の食事指導

糖尿病の「きっかけ」の一つ・食べ過ぎ

糖尿病の人は、すい臓から分泌されるインスリンが少なかったりするために、食べ過ぎによってブドウ糖が増加すると処理できず、血糖値が上昇してしまいます。なので、糖尿病や高血糖のために血糖値をコントロールする必要がある人は、摂取エネルギーを抑えることが大切です。食べ過ぎしないことが大切と言えます。

血糖値は、糖尿病を診断する上で重要な値となります。高血糖の状態が慢性的に続いているようなら、糖尿病の疑いがあると言えます。通常、血糖値が高くなると、すい臓から分泌されるインスリンによって調整されます。ですがインスリンの分泌量が少なかったり、分泌の働きが充分でない場合、高血糖になってしまいます。
ただし、血糖値が高いからといって、必ず糖尿病の前兆であるとは言えません。専門医からの指導を落ち着いて受けるようにしてください。

ちなみに血糖値は、よく変動しやすい値と言われています。例えば食後では、かなり高い値になります。大きなストレスを感じている時にも、高い値になるとされています。より正確な値を計測するには、計測前に食事を取らないようにするなどの配慮が必要です。

糖尿病の食事指導

食事予防医学と言えば、体を健康にして未然に病気を防ぐことを言います。そしてもしも病気になっても、早期に適切な治療をすることで悪化させないようにすることも、予防医学に含まれています。

例えば糖尿病の食事指導などは、予防医学の分類では、後者(早期に適切な食事療法をすることで悪化させないこと)に当たります。

摂取エネルギー控えめ

糖尿病の食事指導では、摂取エネルギーを抑えることが大切です。
摂取エネルギーを抑えることは、甘い物や主食のご飯がダメという訳ではありません。食べる量と栄養バランスに注意をすれば良いです。食べてはいけない物が決まっている、という訳ではありません。

食品交換表

適切な栄養とカロリーの食事を考える際には、食品交換表を利用してみましょう。
食品交換表では、主な栄養成分によって食品をグループ分けしています。偏りなく栄養を取るために、とても参考になります。
また、80kcalを1単位として表示してします。なので、カロリー計算もしやすいでしょう。

「味付け」を変える事

ちなみに糖尿病の治療において食事制限を行なう際は、食事の「味付け」や「内容」などを2週間くらいを目処にして、少しずつ変えていくそうです。
2週間かければ、「さっぱりした味付け」や「油を減らした食べ物」に、慣れることができるということです。

今日明日すぐに、それまでの食生活で「習慣になっていた味の好み」を、変えることは難しいでしょう。甘い食べ物が大好きな人、濃い味やこってりした物が好きな人、つまり高カロリーの食べ物が好きな人にとっては、治療のためにと言われても食事を制限されるのは、やはりツラいことです。

2週間くらいかけて、「好みの味付け」を変えてゆきましょう。

血糖値の上昇を抑える食品

血糖値が上昇するのを抑える食品には、「海藻類」や「きのこ」「舞茸」、「ゴーヤー」や「グアバ」「バナナ」などがあったりします。
糖尿病の予防を期待できる「お茶」については、「熊笹茶」や「柿の葉茶」、「すぎな茶」や「よもぎ茶」などがあります。
ただし、これらの「食品」や「お茶」だけを大量に摂取しても、ダメです。毎日の食生活において、様々な栄養素をバランス良く取ることを心掛けてください。

そして適度な運動をしたり、ストレスを解消したりして、生活習慣を見直すことも大切です。
たまに、食べることでストレスを解消しようとする人がいます。しかしこれは、過食や肥満に繋がる危険性があります。実際に肥満になると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になってしまいます。そうなる前に、健康的なストレス解消法を見つけておきましょう。

工夫された「普通の食事」・糖尿病食

糖尿病の方のための食事レシピは、健康な人にとっても良い食事と言えます。生活習慣病の予防にも役立ちます。
糖尿病食と言っても、特別な物ではありません。普通の食事に対して、一つ二つ工夫されている食事と考えて良いでしょう。工夫する事によって、美味しくて低カロリーな食事にできます。

最近では、成人病の一つである糖尿病の人に向けた食材を宅配してくれるサービスがあります。糖尿病食そのもの、または糖尿病食を簡単に作れる食材を宅配してくれるそうです。このようなサービスの利用は、食生活を改善する事に役立つと思います。

摂取カロリーを守る事は、糖尿病の症状を改善させるために大事なポイントと言えます。カロリー控え目な食事として、糖尿病食は最適と言えます。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム