乾燥肌の方が「お風呂」に入る際、気をつける事

乾燥肌の「お風呂」対策

お風呂場乾燥肌の方が「お風呂」に入る際、間違った方法で入浴していると、肌の状態が「より悪くなってしまう事」があるそうです。

なぜなら、肌の表面の角質を傷つけたり、必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌を保護できない状態になったりするからです。

乾燥肌による「かゆみ」を改善したいなら、お風呂の入り方に気をつける必要があります。さらなる悪化を防ぐため、次のような点に注意して入浴してみましょう(詳細については、専門医に相談してください)。

熱い「お湯」を使わない事

顔や体を洗う時、必要な皮脂が取り除かれないようにするために、熱い「お湯」を使わないようにしてください。体温よりも熱い「お湯」を使うと、乾燥肌を悪化させてしまう可能性があります。

湯船に入って長湯をする事も、やめましょう。特に熱い湯船に入って長湯するのは、良くありません。長湯する事より肌の表面にある必要な油分が取り除かれてしまい、その結果、肌のバリア機能を低下させてしまうからです。

人間の肌は、歳を重ねるごとに乾燥しやすくなります。皮脂の分泌量や水分が、減少していくからです。乾燥肌になると、肌の表面がカサカサして「水分や潤い」がなくなります。もしも重度の乾燥肌になると、粉をふいたようになってしまいます。

肌の表面のバリアが壊れてしまうと、「紫外線」や「ばい菌」などが皮膚の中に入ってしまいます。肌にとっては、とてもツラい状態です。

もしもバリア機能が衰えると、大切な皮脂やセラミドが減少しやすくなっていきます。そんな肌の状態では、外からの刺激を直接受けてしまいます。よって、敏感肌になってしまいます。

肌をこすらない事

ゴシゴシと、肌をこすらないようにしましょう。
入浴することは肌を清潔に保つことに繋がるため、スキンケアになります。ですが、肌をゴシゴシと洗う事は、かえって肌トラブルの原因になったりします。皮膚の表面にある脂肪を洗い流してしまうからです。

石鹸を洗い流す事

肌に付着した石鹸を、しっかりと洗い流しましょう。安全な石鹸であっても、石鹸カスが肌に残ったままだと、それが刺激になってしまいます。そして、炎症などの肌トラブルを起こす原因となります。

乾燥肌でも使える入浴剤・竹酢液

乾燥肌の人の場合、市販の普通の入浴剤が肌に合わないという場合があるそうです。入浴剤の成分が肌に合わず、ピリピリした刺激を受けたなんて事もあるそうです。

乾燥肌の人でも大丈夫と言われている入浴剤があります。例えば、

木酢液(もくさくえき)や竹酢液(ちくさくえき)があります。

※入浴剤というよりも、入浴時に入れる液体になります。
これらの液が持つ殺菌・消臭の効果により、体を清潔にできるそうです。

ただし、ニオイがキツいらしいです。ダメな人には耐えられないニオイという事です。
しかし人によっては、自然を感じさせる「独特の癒しの香り」という意見もあります。

ボディケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム