マッサージの施術が一番良い、関節痛の対処法

関節痛の診察

関節痛が「ひどい場合」は、専門医による診察を受けるようにしてください。症状が「ひどい場合」は専門医に診てもらい、適切な治療を受けることが大事だからです。

ちなみに関節痛の治療は、長引くことが多いようです。つまり担当医との「治療上の付き合い」も長期になりやすいです。じっくりと治療に付き合ってくれる医師と巡り合えることが、関節痛の治療において実は重要かもしれません。

関節痛の検査方法として、医師の問診を始め、血液検査や尿検査も行なわれます。関節そのものの検査方法としては、レントゲンや MRI検査が行なわれます。

MRI検査では、レントゲン検査で調べられない軟骨や靭帯も診断できます。近年では、MRI検査を実施できる病院も多いそうです。なので地元の病院でも、検査を受けられると思います。

関節痛の対処法

マッサージ

関節痛の男性関節痛を軽減させる際、一番いいのは病院に行ってマッサージやリハビリの施術を受けることでしょう。

確かにそうなのですが、「時間」や「お金」の都合により、なかなか病院に通院できないという方もいるでしょう。

そんな場合、家電のマッサージ機や生活雑貨のツボ押しグッズなどを使って、ご自宅でマッサージを行なうことになります。
※ただし症状が「ひどい場合」は、医師の診察を受けてください。

あと、もしも「一人暮らし」ではなくて、ご家族と一緒に暮らしているなら、「マッサージ」や「ツボ押し」を家族に頼むという方法もあります。家族という身近な人からマッサージを受けたら、とてもリラックスできて、関節の痛みも若干和らぐと思います。

温湿布

関節痛を軽減させるために、患部を温めたい場合もあると思います。
一般的には、温湿布を貼ることになります。または、使い捨てカイロやヘアドライヤーの温風を用いて温めることもできます。湿布を貼ると皮膚がかぶれて困ってしまうという方に、使い捨てカイロなどは向いていると思います。

なお湿布には、患部を冷やすタイプと温めるタイプがあります。関節痛に対して湿布を使う場合は、どちらのタイプを選ぶと良いでしょうか。
一般的に「痛みが強い場合」は、冷やすタイプを使います。そんなに痛くないけれど慢性的に「痛みが続く場合」は、温めるタイプを使います。

あと、温めるタイプの湿布いわゆる温湿布には、唐辛子成分が入っていたりして、皮膚がピリピリと刺激されたりします。肌質によっては、このような温湿布は「不向き」と言えます。