マッサージの施術が一番良い、関節痛の対処法

関節痛の原因

膝関節が痛い男性人間には、膝(ひざ)や肘(ひじ)・肩など、たくさんの関節があります。関節と呼ばれている箇所とは、曲げたり伸ばしたりと動かせる部分のことです。骨と骨の繋ぎ目部分と考えて良いでしょう。

そのような関節部分で、なぜ関節痛が起きてしまうのでしょうか?
関節は、軟骨と関節液という物で守られています。例えて言えば、自転車のブレーキパッドと潤滑油のような物です。骨と骨がこすり合って、関節が磨り減ってしまわないように、軟骨と関節液で守られています。

しかし長年使い続けた関節では、軟骨と関節液が消耗されてしまいます。

よって、骨と骨が直接こすれ合って「痛み」を生じるようになります。

「関節痛の痛み」には、様々な種類があります。「動かす時の痛み」「寒くなると起きる痛み」などが、あります。

もしも「関節に痛み」を感じるようになったら、無理をしないで病院に行きましょう。まずは、整形外科を受診しましょう。整形外科ではレントゲン写真を撮り、関節の変形などについて調べてもらえます。

「膝の関節痛」の原因

「膝が痛い」と、お悩みの中高年の方が多いかもしれません。膝関節痛になる原因として、肥満や老化が挙げられます。

変形性・膝関節症については、女性に多い関節痛と言われています。なぜなら女性は、出産や更年期による影響でホルモンのバランスが変化するからです。ホルモンバランスの変化により脂肪が付きやすくなり、その結果、膝の関節が痛くなります。

なお一般的に、関節痛は女性に多いと言われています。ですが、男性に無関係という訳ではありません。肥満の男性には、膝関節痛に悩んでいる人が多いと言われています。

あと忘れてはいけないことに、過去に膝を怪我したことがある場合です。
激しいスポーツをしていて、靭帯を損傷したことがあったり、膝の周辺を怪我したことがあったりした場合です。

その当時、膝の怪我をしっかり完治させていなかった場合、中高年になって膝関節痛になってしまう可能性があります。膝の怪我は完治させるために、長期にわたってリハビリが必要だったりします。

「痛み」がなくなったから治ったと、自分で判断してはいけません。専門医の診断によって膝の怪我が完治したと言われるまで、病院に通う必要があります。

原因不明な子供の関節痛

ところで関節痛で悩むのは、大人だけではありません。子供でも関節痛で悩むことがあります。
なお、子供の関節痛では、原因が「はっきりしないこと」が多いようです。体の成長のために関節が痛くなったり、精神的な負担によって夜にだけ関節が痛くなったりなど、いくつか原因が考えられます。

原因が「はっきりしないから」と言って、「痛み」が嘘という事はありません。子供にとっては、実際に「痛み」を感じています。一時的な処置としては、湿布を貼ったりマッサージをしたりしてみましょう。

関節痛の診察

関節痛が「ひどい場合」は、専門医による診察を受けるようにしてください。症状が「ひどい場合」は専門医に診てもらい、適切な治療を受けることが大事だからです。

ちなみに関節痛の治療は、長引くことが多いようです。つまり担当医との「治療上の付き合い」も長期になりやすいです。じっくりと治療に付き合ってくれる医師と巡り合えることが、関節痛の治療において実は重要かもしれません。

関節痛の検査方法として、医師の問診を始め、血液検査や尿検査も行なわれます。関節そのものの検査方法としては、レントゲンや MRI検査が行なわれます。

MRI検査では、レントゲン検査で調べられない軟骨や靭帯も診断できます。近年では、MRI検査を実施できる病院も多いそうです。なので地元の病院でも、検査を受けられると思います。

関節痛の対処法

マッサージ

関節痛の男性関節痛を軽減させる際、一番いいのは病院に行ってマッサージやリハビリの施術を受けることでしょう。

確かにそうなのですが、「時間」や「お金」の都合により、なかなか病院に通院できないという方もいるでしょう。

そんな場合、家電のマッサージ機や生活雑貨のツボ押しグッズなどを使って、ご自宅でマッサージを行なうことになります。
※ただし症状が「ひどい場合」は、医師の診察を受けてください。

あと、もしも「一人暮らし」ではなくて、ご家族と一緒に暮らしているなら、「マッサージ」や「ツボ押し」を家族に頼むという方法もあります。家族という身近な人からマッサージを受けたら、とてもリラックスできて、関節の痛みも若干和らぐと思います。

温湿布

関節痛を軽減させるために、患部を温めたい場合もあると思います。
一般的には、温湿布を貼ることになります。または、使い捨てカイロやヘアドライヤーの温風を用いて温めることもできます。湿布を貼ると皮膚がかぶれて困ってしまうという方に、使い捨てカイロなどは向いていると思います。

なお湿布には、患部を冷やすタイプと温めるタイプがあります。関節痛に対して湿布を使う場合は、どちらのタイプを選ぶと良いでしょうか。
一般的に「痛みが強い場合」は、冷やすタイプを使います。そんなに痛くないけれど慢性的に「痛みが続く場合」は、温めるタイプを使います。

あと、温めるタイプの湿布いわゆる温湿布には、唐辛子成分が入っていたりして、皮膚がピリピリと刺激されたりします。肌質によっては、このような温湿布は「不向き」と言えます。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム