テレビ台に固定する事・テレビの地震対策

家電の転倒防止には、専用の防災グッズがあります。もしも一般的な防災グッズで転倒を防止できるなら、それを使っても良いです。日常品と言える家電について、地震対策を検討しましょう。

ここでは例として、多くの人が利用しているテレビ機器について、地震対策をご紹介したいと思います。

液晶タイプなどの薄型テレビの地震対策としては、基本的な対策として、床に近い場所に設置する方法があります。
ですが近年では、大型の薄型テレビが増えてきています。大型の薄型テレビは、安定が「やや悪い」と言えます。なので地震の時には、大型のテレビほど倒れやすくて破損する可能性があります。

なお、大きなテレビ機器と言うと、一昔前によく使われていたブラウン管テレビがあります。ブラウン管テレビの場合は、ベルトなどで固定しておくと良いです。

テレビ台にテレビを固定する事

液晶テレビ対策としてテレビ本体を直接床に置くと言っても、実際のところ、掃除や収納などの都合から、そう出来ないでしょう。なのでほとんどの場合、テレビ台の上などに置いていることが多いと思います。
その場合は、テレビ台にテレビを固定する方法があります。

テレビ台に専用の金具を固定して、その金具と、テレビの後ろから付けた針金のような物を結びます。そうすることで、テレビが倒れにくくなります。
※似たような対策には、壁に直接金具を付けて、壁にテレビを固定する方法もあります。

「金具と同じような働き」をする物に、テレビの転倒を防止する専用ベルトがあります。金具の代わりにベルトを使っても良いです。

もしもテレビ台が「キャスター付き」の場合は、キャスターを転がさないようにしましょう。そうするために、各キャスターにゴムのキャップのような物を付けましょう。
このゴムのキャップは、防災グッズではありません。家具によって、床が傷つかないようにするためのグッズです。インテリアグッズ売り場などにある、と思います。

このように、倒れる可能性があるテレビについては、出来るだけ地震対策をしておくことが必要です。