外食するなら、カロリーブックを持ち歩きましょう

外食のカロリー

ハンバーガー外食では、特にファストフードの食品に注意してください。やはりカロリーの多いメニューが、たくさん見られるからです。
例えば大きいサイズのハンバーガーなどは、結構なカロリーとなっています。

ダイエットを実践している時なら、外食のメニューをよく見てみましょう。外食の店では、メニューにカロリーが表示されている所があります。カロリー表示があれば、摂取カロリーを計算できるので良いと思います。

カロリー表示がない店もたくさんあります。なので、カロリーブックを持ち運ぶと良いでしょう。携帯できるコンパクトなサイズの物があります。これならバッグの中に入れておけるでしょう。

カロリーブックは、いつも外食で食べていた物がどのくらい高カロリーだったのか、気づかせてくれる物です。今までの食事を見直すのに役立ちます。

なお、食べる物を我慢するだけではストレスが溜まります。うまくメニューを組み合わせて、全体的に適切なカロリーになるように工夫してみましょう。例えば外食では、野菜も注文しましょう。キャベツやレタス・トマトなどの野菜も食べるようにしてください。

栄養不足対策

外食が多い人は、ビタミン不足が心配されます。カレーライスや牛丼、ハンバーガーという外食はとても美味しいですが、どうしてもビタミンやミネラルが不足気味です。
外食が多い方は、なるべく定食を食べるようにしてください。例えば焼き魚定食などは、外食の中でも栄養バランスが取れている食事です。あと野菜ジュースも併せて飲むと、さらに栄養バランスが良くなります。
健康的にダイエットしたい場合、カロリー量だけでなくて食事の栄養にも気を使ってください。体が健康であるほうが痩せる、と思います。

食事の際、カロリーを知っておきましょう

食事をする際に活用してもらいたい物に、先程の「カロリーブック」や「食べた物を書く日記帳」が挙げられます。
「食べた物を書いた日記帳」からは、自分が「その日に食べた物」がよくわかります。食べた物すべてを日記に書くことで、お菓子などを余分に間食したくなった時に防ぐ効果があります。

ちなみに精神論だけでは、間食を防ぐのは難しそうです。私事になりますが、先日も間食したら太るかも?と思いつつ、ビスケットやチョコレートをガブガブと食べてしまいました……。夕食前の空腹は、耐え難い時があります。

もしも間食するなら、せめてカロリーを控え目にしたいです。適量のカロリー量ならダイエット中でも、それほど問題ないと思うからです。