美顔器の効果をアップさせる、スキンケアの順番

美顔器の効果を上げるスキンケア

クレンジング

美顔器にはシワ取り・たるみ防止・美白など、様々な機能があります。

しかし美顔器を使用していても、普段から「しっかりとしたスキンケア」ができていなければ、効果は少ないでしょう。
美顔器以外の肌のケアについても、間違っていたら化粧水や美容液はきちんと浸透してくれません。そんな状態では、美顔器のケアも無駄になってしまいます。

スキンケアしてから美顔器を使用することで、美肌の効果をさらにアップできます。そうするために、美顔器の効果をアップさせるスキンケアの例を、ご紹介します。

スキンケアの順番

  1. クレンジング
    まずはクレンジングです。
    お化粧を、毎日必ずしっかりと落してください。
    お肌に「汚れ」や「油」が少しでも残っていると、どんどん溜まってしまいます。
  2. 洗顔
    次に洗顔です。
    油っぽいからといって、ゴシゴシとキツくこすってはいけません。ふんわりとした泡で、優しく洗顔してください。
    すすぎをする際は、ぬるま湯または水で行なってください。熱い「お湯」は、必要な油分まで落してしまうからです。
  3. 化粧水
    最後に化粧水についてです。
    化粧水は、「汚れ」を落とした肌に入る栄養です。肌の奥まで浸透させるという「気持ち」で、優しく「お肌」に乗せていきましょう。
    手の温度により「じっくりと染み込ませること」で、肌の奥まで入っていきます。

毎日丁寧に「これらのスキンケア」を行えば、美顔器の効果もアップすると思います。

ホルモン周期に合わせて、美顔器でスキンケア

お肌と女性ホルモンは、非常に密接な関係を持っています。生理前になると肌の調子が悪いと感じるのは、この女性ホルモンが原因です。
女性ホルモンの周期を知ることにより、効果的に肌の「お手入れ」ができます。

女性の生理周期は、4つに分かれています。
生理前・生理中・生理後・排卵後という感じです。
周期に個人差はありますが、多くの女性が「お肌の調子」を気にする時は生理前です。

生理前

この時期に、肌が乾燥したりニキビや吹き出物ができたり、顔が「むくんで」しまったりという経験があるそうです。アレルギーも出やすく、肌は「とても敏感」になります。

生理前に美顔器でイオン導入を行ない、超音波のマッサージをすることは、やめたほうが良いです。

この時期の「お手入れ」は、吹き出物を大きくしてしまったり、逆に乾燥させてしまったりと良いことはないからです。

生理後の2週間

生理後およそ2週間の間は、肌の調子が良くなる時期です。
この時期は、どのスキンケアを行なっても高い効果を得られます。
生理後およそ2週間の間に、美顔器で「お手入れ」しましょう。弱ってしまった肌の細胞も元気になり、美肌になれると思います。

美顔器
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム