顔の印象を決めるアイメイク

年を重ねると、顔の「たるみ」が現れてきます。でもそうは言っても、全ての人がたるんでいるかと言えば、そうではありません。顔がたるまない人もいます。

顔の中で一番早く「たるみ」が出てくる部分は、目元です。目の下がたるんでくると、老けた顔に見えがちです。「目に力がないような感じ」がして、覇気のない印象を受けます。
もしかしたら「最近の疲れ」によってたるんだだけ、と言えるかもしれません。だけど、ずっとたるんだままになってしまわないように気をつけたいです。

その人の印象、特に顔の印象を決めるのは「目のたるみ」だけではありません。アイメイクも、その人の印象を決める大きな要因と言えます。

アイメイクを上手に行なう際、「アイライン」や「アイシャドウ」、「ビューラー」や「マスカラ」、「アイブロウ」に関するメイク方法をマスターしていくことになります。これらのメイクを行なう事で、その人の印象を大きく変える事が可能と言えます。

印象を大きく変える事、これはメリットと言えます。ただし同時にデメリットになってしまう場合もあります。印象が悪い方向に、大きく変わってしまう可能性もあるからです。
好印象のアイメイクをするためには、メイクの基本をしっかりと押さえて、自分に合う化粧品を選ぶ事が大事です。

注意点

目元の印象を良くするアイメイクには、いくつかの注意点があります。

例えば「まつ毛」のメイク中に対しては、毛穴に「ばい菌」が入らないように注意する必要があります。目の周囲、特に「まつ毛の周囲」はかなり弱い部分です。なので、ばい菌がわずかに入るだけで腫れてしまいます。

このような目の周辺の衛生面の他にも、気をつける点があります。それは色の選択です。例えばアイシャドウに関しては、青色が濃すぎると厚化粧という印象が強くなってしまいます。
また、アイラインを引く際も、濃いラインを引く場合は「ぼかし」を入れたほうが良いです。「ぼかし」を入れないと、まるでマジックで線を引いたような変な印象のラインになってしまいます。濃いライン、太めのラインを引く際は、アイシャドウを使ってグラデーションを付けましょう。

アイライナー

アイラインを縁取りするメイク道具として、アイライナーという物があります。これは黒や茶、灰色など濃い顔料を配合した物です。若い世代の女性を中心に人気があります。
目の形を「くっきり大きく見せるため」のメイクにおいては、欠かせないアイテムになっています。

リキッドアイライナーアイライナーを大きく分けると、手軽に描けるリキッド状のタイプと、一色のラインをしっかりと描けるペンシルタイプに分けられます。
それぞれに特徴があります。リキッド状タイプは、専用の筆を用いてラインを描けるのが特徴と言えます。一方ペンシルタイプの物は、ラインを描くのが簡単です。「手軽さ」が特徴と言えます。

主な化粧品ブランドからは、リキッド状タイプとペンシルタイプの両者が発売されているようです。ご自身が期待する「メイクの仕上がり」を実現してくれるアイライナーを、選ぶと良いです。
私が以前に聞いた口コミでは、筆タイプのアイライナーはとても使いやすくて良い、という評判を聞きました。メイクにおいては、使いやすいという特徴は重要だと思います。

「目は口ほどに物を言う」という「ことわざ」があったりします。相手に好印象を与えるアイメイクを、ちょっとだけ心がけておきましょう。