安心して使える洗顔石鹸

安心して使える洗顔石鹸

石鹸洗顔用の固形石鹸はクリーミーな泡立ちであり、肌をさっぱりさせる効果を期待できます。

洗顔石鹸は、価格が「お安い物」があります。なので量を気にせずに、たっぷりと使用できるでしょう。
そして石鹸の中には、洗顔料より安心だと言われている物があります。石鹸で洗顔するからと言って、必要以上に心配しなくて良いです。

しかし、そのような石鹸で洗顔を始めた人の中には、素朴な疑問を持っている人もいるようです。例としては、

「石鹸を使って洗顔をした後では石鹸カスが残る、と言われています。これは本当でしょうか?」
 

という疑問です。

この疑問は、石鹸が水の中の硬度成分(ミネラル成分)と一緒になると、金属石鹸になるという話から、出てきているようです。
ここで言う石鹸カスとは、この「水に溶けない金属石鹸」のことです。しかし日本国内で普通の水道水を使って洗顔する場合、石鹸カスが残るということはほとんどありません。この疑問は、根拠のないものと言えます。

ただし石鹸を始め、スキンケアの化粧品で肌トラブルが起きている事例はあります。どの成分が原因で自分の肌にトラブルが起きるのか、きちんと知っておく必要があります。

正しい洗顔方法

以下に洗顔石鹸を使った、正しい洗顔の方法を、ご紹介したいと思います。参考にしてください。もしもメイクしている場合、まずはクレンジングでメイクを綺麗に洗っておきます。

  1. 洗顔石鹸を、よく泡立てます。
  2. その泡で、顔を洗います。
    顔に手を直接つけません。「手のひら」に付いている泡だけが、顔に触れるようにして洗います。余分な皮脂を、洗い流さないようにするためです。
  3. 小鼻やTゾーン周辺の部分を、重点的に洗顔します。
    これらの部分は、脂が浮きやすい部分だからです。
  4. ぬるま湯(または水)で、しっかり洗い流します。石鹸が残らないようにします。
    顎の下の部分も、しっかりすすいでください。顎の下は、すすぎ残しすることが多い部分だからです。
  5. タオルで、顔を包むようにして拭き取ります。
    この時、ゴシゴシとこすらないようにしましょう。

洗顔については、お化粧をしていてもしていなくても行なってください。
クレンジングについては、シートタイプの物ではなくて、洗い流せるタイプの物が理想です。そのほうが、肌への負担が少なくて済みます。
洗顔時には泡を泡立て、顔をそっと包み込むような感じで洗いましょう。
「すすぎ」の時はなるべく「ぬるま湯」を使い、「洗い残し」がないようにしましょう。すすぐ時に冷たい水を使って、肌をキュッと引き締めても良いです。
このような洗顔方法を、毎日実行してください。2ヶ月から3ヶ月くらい経つと、顔全体の印象が変わってくると思います。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム