「寝付き」を良くする方法

眠っている女性

不眠が「ひどい場合」は、医師の診断を受けたほうが良いです。しかし軽い不眠の場合は、自分で工夫すると眠れるようになれるかもしれません。

ここでは参考に、眠る前に「寝付き」を良くするための「ちょっとした行動」を、ご紹介したいと思います。予想以上に、スヤスヤと快眠できる「きっかけ」になるかもしれません。ぜひ試してみてください。

一つ目の行動は、入浴に関してです
お風呂の「お湯の温度」は、ぬるめの「お湯」(約40度くらいに)しましょう。
入浴時間は20分から30分間ほどにして、半身浴で入るようにします。
このように入浴すると、リラックスできて快眠に繋がります。

二つ目は、ストレッチ運動です
寝る前に、ちょっとしたストレッチを行ないましょう。軽い運動を行なうと、体の緊張をほぐせます。リラックスできて、質の良い眠りに繋がると言えます。
就寝前にストレッチを行なうことで、血行が良くなって体温が上がります。特に寒くて「なかなか寝付けない」という人は、ぜひ試してみてください。

その他、寝る前に読書をするなど、何か一つ眠る「きっかけ」になる事を習慣付けておきましょう。ぐっすり眠れるようになれると思います。

寝入るまでの時間

普段から健康的に充分な睡眠を取れている人は、寝床についてから10分から15分くらいで寝入る、とされています。
睡眠不足が続いている生活を送っている人の場合は、5分くらいで寝入ってしまうようです。すぐに眠ってしまう人は、実は、質の良い睡眠を取れていない可能性があります。ちょっと気をつけましょう。

なお、布団に入って15分ほど経っても眠れないなら、いったん眠るのを諦めてみるのも一つの手です。無理して「眠ろう、眠ろう」としないようにしましょう。いったん布団から出て、ストレッチ運動したりしてみましょう。
すぐに眠れないということを気にし過ぎることが、実は不眠の原因だったりします。あまり神経質にならないほうが、眠れるでしょう。



タイトルとURLをコピーしました