【まとめ記事】熱い思いがあふれている、ファッション流行の歴史

めまぐるしく変わるファッションに対する、人々の気持ちを知りたい。

各年代に流行したファッションには、当時の人たちの熱い思いが込められています。

  • 1950年代のアメリカンスタイル:自由や新時代への「憧れ」。
  • 1960年代のアイビー・ルック:徐々に増えてゆく「華やかさ」。

ファッションの歴史を参考にして、あなたの気持ちを表現しませんか?
そうしたら、自分らしく着飾ることができるでしょう。

繰り返される、ファッションの流行

流行のファッション

ある年に流行った服が、翌年には見られなくなった。そんな事例は少なくありません。

ファッションの流行はとても早い、と言えます。
最新の流行を追っかけるのが好きな人は、ちょっと大変そうです。

ところで日本でも世界でも、ファッションの流行には周期があると言われています。

だいたい20年周期で、また同じような服装が戻ってくると言われています。

もしそうなら、流行遅れになった古着が再び流行る可能性があります。

古着を捨てずに着たり、リフォームしたりすることで、繰り返し「流行のおしゃれ」を楽しめます。

なお、自分スタイルのファッションに「熱い思い」がある人は、たぶん「時代遅れ」の服装でも、素敵にアレンジして着こなしていると思います。

昔に流行ったファッションは、今でもそれなりに素敵だからです。

1950年代のファッション

戦争の傷跡が癒え始めた1950年代は、消費文化が花開いた時代です。

この年代では、アメリカンスタイルがブームになりました。

アメリカンスタイルは、古い価値観からの脱却を象徴した若者のファッショントレンドです。
自由や新時代への「憧れ」を反映したファッションでした。

自由に憧れていた時代だった、1950年代のファッション

1950年代のファッションは、以下のようなものが流行りました。 アメリカン・スタイル(ニュー・ルック)。 太陽族。

1960年代のファッション

1960年代は高度経済成長の時代であり、ファッションの世界も「華やかさ」を増していきました。

この時代、ファッション・ブランドのVANから始まったアイビー・ルックが流行りました。

その特徴は、以下の通りです。

  • ずん胴型シルエット
  • ナチュラルショルダ
  • 3ボタン

アイビー・ルックはこのような特徴を持った、ストレ-トの細長いラインです。

洋服が華やかになっていった時代、1960年代のファッション

1960年代は、以下のようなファッションが流行しました。 アイビー・ルック。 みゆき族。 モッズファッション。

1970年代のファッション

1970年代には、ジーンズがファッションとして流行しました。

ジーンズは、ヒッピーが流行らせたファッションアイテムです。

長い間、ジーンズは作業着とされていました。

しかし、マーロン・ブランドやジェームス・ディーンが映画で着用したことから、世界中の若者のファッションアイテムとして注目されるようになりました。

日本では1945年の敗戦後、米軍が手放した中古ジーンズが、アメリカの映画や音楽と共に普及してゆきました。

国産品では、以下のジーンズが販売されました。

  • 1960年に高畑製縫が「EIGHT-G」を販売。
  • 1963年に大石貿易が「キャントン」を販売。

これらが、今日の国産ジーンズの基礎となりました。

自由を追い求めた時代、1970年代のファッション

自由に憧れ、走り抜けた1970年代。 そんな時代のファッションには、以下のものがありました。 ジーンズ。 アウトドア・ファッション。 ニュー・トラディショナル。

アメリカンカジュアルの古着

日本では、1970年代にアメリカのヒッピー文化や反戦ブームの影響を受けて、アメリカンカジュアルが台頭しました。

アメリカンカジュアルは、主に以下の服で構成されています。

  • ワークウェア(作業服系)
  • スポーツウェア
ファッションで活用できる、アメリカンカジュアルの古着

アメリカンカジュアルの古着は、カジュアルなファッションを楽しむ際に良い服です。 アメリカンカジュアルとは、ワークウェアとスポーツウェアから、主に成り立っています…

1980年代のファッション

この時代は、バブル経済が加速していた時代です。

そんな日本で流行ったものと言えば、ボディコンシャスがあります。

  • 肩パットの入った逆三角形のトップス
  • タイトなミニスカートのスーツ
  • ヒールが高めのパンプス

このような服を着ていました。

セクシー女性たちの髪は長く、ワンレングスと呼ばれていました。

「ワンレンとボディコンの組み合わせ」が、当時の最新ファッションでした。

バブル景気に浮かれた時代、1980年代のファッション

バブル景気が走り出した、1980年代のファッションには以下のものがあります。 DCブランド。 ボディコン。

ずっと流行っているスキニーデニム

昔も今も、ずっと人気のファッションアイテムもあります。

一つの例を言うと、スキニーデニムです。
近年では、2007年頃に流行しました。そして現在でも、それなりに人気があるようです。

スキニーデニムは、脚の周りにピッタリとフィットする超タイトなジーンズです。

従来では、ジーンズの細いタイプはスリムジーンズと呼ばれていました。
しかしスキニーデニムは、スリムジーンズよりも「細身」です。

そんなスキニーデニムは、脚をとても美しく見せてくれる優れたファッションアイテムです。

スキニーデニムは、ジーンズの一つです。もともとのジーンズは、1970年代に流行した物です。

以上より、ジーンズはずっと人気がある、定番のファッションアイテムだと思いました。

美脚に見えるから、今でも人気があるスキニーデニム

スキニーデニムは、昔も今も人気があるジーンズです。 美脚に見える優れたファッション・アイテムです。

競争が厳しいファッション業界

ざっくりですが、ある年代の「ファッション流行の歴史」について、記事を紹介しました。

ファッションの流行は、その当時の「人々の気持ち」が反映されている、と思います。

  • 憧れ
  • 華やかさ
  • 自由

人の「そのような熱い思い」がファッションを作っている気がします。

なおファッション業界は、毎年トレンドが変わる、世界で最もダイナミックな業界のひとつです。

服やアクセサリー、バッグなどを製造・販売するファッションブランドは、当然「トレンドの移り変わり」を意識しています。

だからこそ、常に新しいものを提供し、ユーザーの目に留まる製品やブランドが人気となります。

ファッションブランドは、常にトレンドと戦っています。
そのため、この業界は「動き」が速く、一度ピークに達したブランドは、流行が終わるとあっという間に消えてしまいます。

競争が厳しいため、毎年流行をキャッチして、顧客の信頼を勝ち得たブランドだけが、定番の人気ブランドになります。

ファッションの「まとめ記事」

ファッションの「まとめ記事」

ファッションで役立つ「まとめ記事」を、公開しています。 あなたのファッション生活に、ぜひ役立ててください。