熱と遠赤外線で体を温める岩盤浴

岩盤の地熱と遠赤外線で体を温める岩盤浴

岩盤浴している女性

岩盤浴とは、温めた岩盤に横たわり、体を温める温浴法です。温石浴療法・発汗浴健康法と言われることもあります。

お湯を使いません。岩盤の地熱と遠赤外線で体を温めます。その高いデトックス効果を期待して、定期的に岩盤浴を行なっている方もいると聞きます。

岩盤浴をする部屋は湿度があり、肌が乾燥しません。よって無理をせずに汗をかけるので、サウナに比べて、お肌に優しい温浴法と言われています。
岩盤浴をする部屋の湿度は、60%から80%ほどです。温度は40度ほどです。

岩石

昔の岩盤浴と言えば、自然の岩盤がある場所で行なわれていました。すでに存在する自然の石を利用するので、その目的は単に汗を流す事でした。
それが今では、人工的に用意された岩盤浴が主流になりつつあります。利用者が、岩盤に使う石を選んでいます。

岩盤浴で使用されている岩石には、いくつかの種類があります。特に人工的に作られた岩盤浴では、より高い健康効果を望める天然石が選ばれて使用されています。

岩盤浴の岩石でよく知られている物に、ブラックシリカがあります。黒鉛珪石とも呼ばれている石で、ずっと昔から健康に良いと言われていました。
炭素やミネラルなどを含んでおり、半永久的に遠赤外線を発生します。さらにマイナスイオンも発生するそうで、健康に良い石だと期待されています。

期待できるリラックスの効果

近代になると、岩盤浴の効果を「科学的に分析しようという動き」が出てきました。
その際、マイナスイオンの存在が明らかになりました。岩盤の原料には様々な成分が含まれていますが、その中にマイナスイオンが確認されました。

マイナスイオンは、人間の体にリラックス作用を与える成分として、よく知られています。

渓谷や滝のそばにいると何となくリラックスできる、という経験はないでしょうか。その理由の一つに、マイナスイオンが挙げられます。渓谷や滝などから発生するマイナスイオンが、体をリラックスさせてくれるようです。

そして岩盤浴を行なえる温泉地でも、体内にマイナスイオンを摂取できるということです。
ただし岩盤浴がある全ての地域において、マイナスイオンが発生しているとは言えません。発生していない地域も、あるようです。

ちなみに「このマイナスイオン」は、アロマテラピーや家電においても利用されています。

サラサラの汗

驚くほど大量の汗をかくという入浴法と言ったら、やはり岩盤浴でしょう。天然の岩盤に横たわっているだけで汗をたくさんかけると、ある時期から話題になったりしました。

そんな大量の汗について、

終わった後は、ベタベタしないのかしら?
 
入浴後の女性
女性が岩盤浴した後のイメージ画像

と疑問に思う人も、いるかもしれません。

ですが岩盤浴でかく汗は、普段の生活の中でかく汗とは違い、サラサラでニオイがなく、保湿成分をたっぷりと含んでいる「天然の化粧水」です。

よって岩盤浴が終わった後はシャワーを浴びることなく、タオルで拭き取るだけにしておきます。そうすると、お肌はサラサラで、とても「しっとりとした状態」になるそうです。

入浴後に早く化粧水をつけないと、お顔がパリパリになってしまうという人も、岩盤浴の後なら「そんな心配はいらない」ということです。特に化粧水をつけなくても、しっとりとした状態で、モチモチとした感触になるそうです。

古い歴史を持つ岩盤浴

岩盤

デトックスの代表的な方法と言える岩盤浴は、近年ずっと注目を集めています。

実は、その歴史は古いです。世界においては、古代中国そして古代オリエンタル文明にまで遡ります。

中国の古代医学書などにも記載されているので、歴史的史実として確認できます。東法医学の「東医宝鑑」という古典にも、記されています。

岩盤浴・発祥の地

バードガシュタイン

岩盤浴・発祥の地として知られている湯治場があります。その名はバードガシュタインで、オーストラリアにあります。

高い治癒効果でも有名な湯治場なので、アジアや北米、ヨーロッパの各国から、健康意識の高い人たちがたくさん訪れているそうです。天然のラドンが充満している場所もあり、医師の指導の下、ラドンを浴びる岩盤浴が行なわれたりしています。

ちなみにラドンは、天然ラジウム鉱石が出している微量放射線です。このラドンが皮膚や細胞に作用して代謝を促進する、と言われています。ホルミシス効果という健康効果で知られています。

体調の改善を始め、太りにくくなる、肌のハリも良くなるなど、評判が良い噂を聞きます。健康の維持だけでなく美容に関心が高い女性たちも、この場所へやって来るそうです。

玉川温泉

日本においては、岩盤浴・発祥の地は秋田県仙北市の玉川温泉と言われています。地獄地帯という地熱の高い部分があり、そこにゴザを引いて岩盤浴を楽しめます。温泉旅行の目的として、この岩盤浴を目当てに来る人が多いそうです。

北投石と呼ばれる岩に「むしろ」を引き、そこに横たわるという単純な岩盤浴です。しかし、その効果は非常に高くて、その後の岩盤浴の形を形成することになりました。

冬の季節になると東北の温泉だけあって、辺り一面が雪景色になります。岩盤浴をする所も、雪に囲まれることになります。
しかし地熱が高い部分では、雪が溶けます。なので冬でも、岩盤浴を楽しめます。テント小屋があり、その中で岩盤浴を楽しめるようになっています(2008年当時)。

岩盤浴することで体は温まりますが、やはり寒さ対策は必要です。防寒着や雪道を歩くための長靴が必要となります。

岩盤浴については、近年では他の温泉でも利用できるようになってきました。なお、事前に予約が必要だったりするようです。

【まとめ記事】体から老廃物を出して健康を維持、ぽかぽか温浴

温浴とは、一般的に温かい「お風呂」に入ることを言います。 温浴と言ったら、ゲルマニウム温浴や岩盤浴が知られています。汗をかいて老廃物を出せるので、健康法として…