使い方は座るだけ、骨盤矯正クッション

骨盤矯正クッション

骨盤を矯正するには、色々な方法があります。その中の一つに、骨盤矯正クッションを使う方法があります。

骨盤矯正クッション

骨盤矯正クッションとは、座るだけで左右の坐骨(ざこつ)を内側に引き締め、必要以上に広がってしまった骨盤を正しい位置に戻そうとしてくれる物です。

骨盤矯正クッションに座ることで、お尻の下にある左右の坐骨を内側に引き締めます。「骨盤の広がり」をなくして、本来の骨盤の形に整えるという効果を期待できます。

骨盤矯正クッションを使って骨盤を引き締めることで、

余分な肉が付きにくくなったり、痩せやすい体にできたり、ということを期待できます。

「骨盤の歪み」が気になっているという人は、骨盤矯正のクッションを使ってみましょう。一日に15分ほど「それに座っているだけ」で、骨盤矯正の効果を期待できるとされています。座るだけなら簡単なので、続けられると思います。

美尻も期待できるクッション

骨盤矯正クッションを使うことで、お尻を小さくできると言われています。
例えば、ドーナツのように中央が円形になって「くぼんでいるクッション」に座っていると、自然に骨盤の結合部分を引き締めてくれます。よって、小尻ダイエットの効果を期待できる、と言われています。

いつも座っている椅子にクッションを置いて、その上に座るだけで、引き締まった美尻が手に入る。そう言われたら、ちょっと驚きです。もちろん、個人差はあるかもしれません。だけど、一度は使ってみたいと思わせるクッションと言えます。

ダイエット運動の中には、お尻部分をキュッと引き締める運動があると聞きます。そんなダイエット運動に頑張っている人は、その運動と合わせて骨盤矯正クッションを使うと、より一層の効果を得られます。

使い方は座るだけ

「骨盤の歪み」を治す物に、骨盤矯正のベルトもあります。こちらも愛好者はいますが、人によってはベルトの「締め付けられる感じ」が苦手という方もいるようです。
そんな人でも、クッションなら問題ないです。クッションに座るだけだからです。座るだけで骨盤が引き締められるなんて、利用者には嬉しい事です。

骨盤矯正クッションでは、床の上で使用する物や椅子の上に置いて座る物など、様々な種類があります。医者が開発に協力した物もあるようです。それぞれのタイプの特徴を確認してから、選びましょう。

クッションに座っている時間

一般的な骨盤矯正クッションについては、毎日10分から15分ほど座るというタイプが多いようです。
※なお、各メーカーによって、効果が出るとされる「座っている時間の長さ」は違うと聞きます。事前に、ご確認ください。

使い始めた頃は、「痛み」を感じる事が多いそうです。痛い場合は、使用時間を短くします。そのうち慣れてきたら、少しずつ使用時間を延ばしていくと良いです。
その効果には個人差がありますが、腰痛が改善したり便秘が治ったりという効果があるそうです。

最初は、2分弱ほど座ってみましょう。座っていて特に不快感がなければ、その後5分間や10分間くらいに時間を延ばしてゆきます。
もしも座っていて「痛み」を感じたなら、無理をせずに座っている時間を短くします。ある程度慣れて来たら、少しずつ時間を長くしてゆきましょう。

以上のように骨盤矯正クッションに座って、「骨盤の歪み」を改善してください。

骨盤を引き締めて、体調不調を解消

一般的に、骨盤は立っている時は筋肉の力によって閉じていますが、座っている時は開いています。
そのため、長時間座っていたり、固い所に座っていたりすると、筋肉が硬くなります。その後立ち上がっても、骨盤が開いたままになったりします。

骨盤が開いたままだと、お腹がぽっこりしたり、下半身が太くなったり、背中が猫背になったりします。O脚にもなったりします。これらは、体にとって悪いことです。

骨盤が開いたままだと不健康なので、ぜひ骨盤矯正したい。そう思うでしょう。
だけど骨盤矯正のために病院に行ったり、ストレッチしたりするのはちょっと面倒と思うかもしれません。

そんな方におすすめなのが、座るだけで骨盤矯正ができるクッションです。

【まとめ記事】ポッコリお腹や体調不調の解消、骨盤矯正

骨盤矯正の方法で、以下のような方法をご紹介しています。 背筋を伸ばすなど日常生活でできること。 骨盤矯正クッションを使うなどグッズを使うこと。