運動するのと同じ効果?ダイエットに活用したい入浴

入浴は運動という指摘

入浴する事は、運動しているのと同じ効果を期待できる。

そういう指摘があります。確かに「お風呂」に入った後、「心地良い疲れ」を感じる事が多いです。
そうであるなら、毎日の入浴をダイエットに利用しない手はありません。ちょっとでも痩せるのに役立つ入浴法を、ぜひ知っておきたいです。

私が以前にネット記事で見たものでは、3回に分けて入浴するという方法でした。
お風呂に「入る・出る」を3回繰り返す事は、面倒な気がします。ですが、その「めんどくささ」がダイエットに繋がるのかもしれません。

ちなみに入浴法によるダイエット効果は、とても緩やかと言えます。すぐには痩せません。
しかし、毎日続けられる方法だと思います。続ける事で体重が減ってゆくなら、試してみる価値があると思います。

ダイエットのための入浴法には、多数の「やり方」があります。色々と試してみて、自分自身にピッタリの方法を見つけましょう。

お風呂で運動

お風呂と言ったら、のんびりと湯船につかっているという印象が強いでしょう。そんな「お風呂」で運動しようという意見があります。ちょっとしたダイエット効果も期待できるそうなので、やってみましょう。

例えばウエストの運動があります。湯船につかって膝を曲げて座ります。そして頭の後ろで両手を組みます。背筋をピンと伸ばして姿勢を正します。お腹(おへその周辺)を意識しつつ左右に「ひねる運動」を行ないます。

ニの腕の運動もあります。お風呂場なら洗面器があると思います。その洗面器を逆さまにして、湯船に浮かべます。右手から運動を始めます。右手の「手のひら」を洗面器の上で広げて、洗面器を押して沈めます。洗面器を下まで沈めたら、手を離します。同様の動作を、左手で行ないます。以上の動作を、両方の手で繰り返します。

このような運動を、無理せずに出来る範囲でやってみてください。

「のぼせる」のを防ぐ方法

お風呂に入るのが好きだけれども「のぼせてしまうこと」があって困る、そんな方がいるかもしれません。

入浴時に「のぼせるのを防ぐ方法」の一つに、手を水に浸けて冷やすという方法があります。
湯船に浸かっている時、水を入れた洗面器の中に両手を入れましょう。冷水で手を冷やすことで、のぼせるのを防げると思います。

入浴中に「のぼせる」と危険な場合もあるので、気をつけましょう。
お風呂の温度は「あまり高温」にしないで、比較的ぬるい温度にしてください。温めの温度で長時間入ると良いでしょう。
お風呂に「ゆっくり入ること」によって、心身ともに「一日の疲れ」を取ることができます。そして、軽く運動したような心地良い疲労感を実感できるでしょう。

お風呂を楽しくする入浴剤

入浴

お風呂は、とてもリラックスできる場所と言えます。ダイエットのストレスを解消できる場所と言えるでしょう。

「心地良い香り」の入浴剤が多数販売されているので、それらの中から「お気に入りの物」を選んでみましょう。より一層、入浴でリラックスできると思います。

入浴剤の他にも、「エッセンシャルオイル」や「みかんの皮」「たんぽぽ」などを入れても良いです。自宅の「お風呂」がいつもと違って、素敵な空間になると思います。

唐辛子エキス入り入浴剤

例えば、痩せるのに役立つと言われているゲルマニウム入浴剤の中には、唐辛子エキスが含まれている物があるそうです。唐辛子の温熱効果を利用した入浴剤です。

たっぷり入っている唐辛子エキスのカプサイシン効果で、じんわり汗が出てくるそうです。
たっぷり汗をかける入浴剤なら、気分良く「お風呂」に入れるでしょう。