1本ずつ丁寧に磨く、「歯磨き」のやり方

とても重要な歯磨き

歯磨きする女性虫歯や口臭を予防するためには、「歯磨き」が重要です。口の中は、細菌が繁殖しやすい場所です。なぜなら、「歯」と「歯ぐき」の間が凸凹しているために、「食べかす」などがそこに溜まってしまうからです。その「食べかす」から、口臭の元となるニオイが発生したりします。

虫歯や口臭を予防するためには、その溜まった物や細菌を出来る限り減らして、歯垢を取り除く必要があります。そうするためには、歯を正しく磨く必要があります。そして、歯ブラシを正しく選ぶ必要もあります。

「歯磨き」のやり方

歯ブラシ以外にも、歯磨きグッズがあります。だけど丁寧に正しく歯を磨く習慣のある人は、歯ブラシだけでも大丈夫でしょう。おそらく虫歯や歯肉炎などに悩むことはないと思います。

磨く時は、1本ずつの歯を磨くつもりで細かく歯ブラシを動かしましょう。

理想を言えば1本の歯に対して、20回数えながら磨くと良いです。
ですが、全ての歯をじっくり磨くと、とても時間がかかってしまいます。テレビを見ながらするなどの「ながら磨き」をすると、時間を気にならないかもしれません。または、電動歯ブラシを使ってみましょう。「歯磨き」の時短に繋がります。

また、今日は右下の歯について、明日は左下の歯についてというように、何日間かかけて磨いていく方法でも良いでしょう。
このような「正しい磨き方」を身に付けて、健康な歯を維持していきましょう。「毎日の積み重ね」が、良い結果に繋がります。予防医学から見ても大切な事と言えます。

ちなみに、歯ブラシを力いっぱいゴシゴシ動かして磨いた場合、実は、歯の「表面の汚れ」は、あんまり落ちていないことが多いそうです。なぜかと言うと、歯ブラシを歯に強く当てることによって、毛の部分が開いてしまい、毛の先端で歯の表面を磨けないからです。

歯の「表面の汚れ」を落とすためには、歯ブラシの毛を歯の面と垂直に当てて磨くようにしてください。
歯ブラシの動かし方は、歯の1本ずつを磨くつもりで細かく動かします。鉛筆を持って直径5mmくらいの円を塗りつぶす時のような手の動きで歯を磨くと良い、とされています。

口臭や虫歯を防ぐ歯磨き

「歯磨き」のやり方が間違っていると、口臭や虫歯、歯周病の原因になってしまいます。「食べかす」が歯と歯の間に溜まると、口臭や虫歯、歯周病の原因となってしまうからです。

「朝の歯磨き」について正しい「やり方」は、朝食を食べる前と食べた後に歯を磨くことです。
まずは、朝起きた時にコップ一杯の水で口をゆすぎます。そして食前に「歯磨き」をします。食前にすることで、口腔内の菌が体内に入ることも防げます。
「朝の歯磨き」には、夜寝ている間に繁殖した菌を洗い流すという意味があります。ちなみに朝起きた時、一日の中で一番「口臭がキツくなる」と言われています。

朝食後についても、軽く「歯磨き」をしましょう。「歯磨き粉なし」で、軽く歯磨きするだけでも良いでしょう。

「夜の歯磨き」については、寝ている間の菌の繁殖を防ぐという意味があります。なので、時間をかけて丁寧に磨きましょう。

「歯間の汚れ」を取り除くデンタルフロス

さらにデンタルフロスを使えば、歯ブラシでは「なかなか届かない歯間の汚れ」を取り除けます。口腔ケアグッズとして、とても良い物と言えます。
デンタルフロス(糸ようじ)を知っている方はたくさんいる、と思います。しかし毎日使用している人は、あんまりいないようです。ちなみに欧米では、毎日「歯磨き」をした後に、デンタルフロスを使うことが習慣になっているそうです。

口を清潔にしましょう

外見に気を使って綺麗な服を着ていても、歯が汚くて口臭がキツかったら全てが台無しになります。外見と同じくらい、口の清潔さ・健康に気をつけてください。清潔であり健康であることは、美容にも繋がります。

なお歯科クリニックなどで、歯の磨き方や歯ブラシの選び方を指導してもらえます。わからない点を、ぜひ教えてもらいましょう。正しく歯を磨いて、虫歯や口臭を予防してください。