ピカピカ綺麗に、窓ガラスを掃除する方法

窓ガラスの掃除方法

綺麗な窓

家の掃除で代表的な事の一つは、窓拭きでしょう。見た目にも、掃除した状況が伝わって来る場所です。ピカピカな窓になった状況が、すぐにわかります。

窓ガラスの掃除については、いつも「つい後回し」にして見て見ぬふりです。ですが、やっぱり窓ガラスも掃除したいです。窓を清潔にすれば、きっと「いい気分になれる」でしょう。

しかし、いざ掃除をするとなると、かなり大変な作業です。高い所には手が届かなかったり、せっかく磨いても、すぐに乾いてしまって変な跡が残ったりします。

窓の掃除では、最初に汚れ具合を確かめましょう。清潔な雑巾で窓を拭いてみてください。

その際、「目立った汚れ」がないなら、それほど手間を掛ける必要はありません。新聞紙で窓を拭けば十分です。ちなみに新聞紙のインクは、「汚れ」を取る洗剤のような働きをします。

窓の「汚れ」が目立つ場合は、ガラス用の洗剤を使ってしっかり掃除します。

窓の掃除では、窓ガラスだけでなくサッシやレールも掃除しましょう。このような狭い部分を掃除する際、「霧吹き」と「ハンドブラシ」を使って掃除します。「ホコリや砂の汚れ」なら、ハンドブラシで掃除すればほとんど取り除けます。

参考として、以下に「よくある窓ガラス磨きの方法」を、いくつか書き出してみました。ぜひ参考にしてください。

古新聞を使う

古新聞を水に濡らして軽く絞ります。
それをクシャクシャに丸めて、窓を拭きます。新聞のインクが「汚れ」を吸着して、綺麗に磨き上げてくれます。

「仕上げ」に乾いた新聞紙で拭くと、インクが「艶出し」の効果を発揮して、窓の「くもり対策」にも最適だそうです。
水分が乾かないうちに「仕上げ」をするのがコツです。

塩を使う

窓ガラスの「隅っこ」は、ホコリや泥などが固まってしまい、取り除く事がなかなか出来ません。
そんな「隅っこ」に固まってしまった「頑固な汚れ」を落とすには、塩を使うと良いです。
ボロ布を水で絞り、塩を少しつけて汚れた部分をこすると、「汚れ」が取れやすくなります。

曇りの日に窓拭きする

「窓磨き」は、早朝や曇りの日にやると効率的だそうです。
空気中の湿度が高い時なら、「汚れ」が湿気で緩んでいるので落としやすくなります。

カラカラに晴れている日だと窓ガラスが反射して、「汚れ」が見づらくて掃除しにくいです。
曇りの日や早朝という「日差し」がまだ強くない時間帯が、最適です。

網戸の掃除に掃除機を使う

窓ガラスだけでなく、網戸の掃除も重要です。
網戸には結構ホコリが絡みついているので、掃除機で吸い込みます
普通に吸ったのでは空気を吸い込むだけなので、裏側に新聞紙などを当てて吸着させるようにするとホコリを吸い込めます。

ちなみにエアコンのフィルター掃除にも、同様の「やり方」を使えます。