青汁の味が苦手なら、粒の青汁サプリを飲みましょう

代表的な健康食品の一つ・青汁

健康に良い食品と言えば、そのカテゴリーは広いです。自然食品だったり、体に良い成分を含んでいる食べ物だったりします。数多くある食品の中でも、代表的な健康食品と言えば青汁・豆乳・ハチミツでしょう。

その中の一つの青汁は、健康の代名詞と言える食品です。ビタミンとミネラル、食物繊維という代表的な栄養素をしっかり含んでいます。なので健康に良い効果を期待できます。
例えば便秘の解消や免疫力の向上、血液の洗浄やアレルギー症状の抑制などです。アレルギー抑制の効果により、青汁は花粉症にも良いと言われています。
また、ガンの予防にも良いとされています。

野菜不足を解消するために、青汁を飲んでいるという人が多いと思います。
青汁とは、一般的には「緑黄色野菜をすりつぶした物」の総称となっています。

その原料となる緑黄色野菜は、各メーカーによって色々な食材が使われています。例えばケールを主な原料にした物、明日葉を使っている物などがあります。

青汁の原料は様々ですが、共通して言えることは「青臭さ」が強くて、あまり美味しい飲み物ではないということです。体に良いからと言って、まるで苦い薬を飲むように青汁を飲んでいる方が多いようです。

まずい味がデメリットかも?

健康飲料の代表的存在と言ったら、やはり青汁でしょう。健康食品を取り扱っている販売店なら、ほとんどの場合、青汁を販売していると思います。売れ筋の健康商品のようです。

ただし個人的には、青汁は「まだまだ改善の余地がある飲み物」だと思います。実は過去に粉末の青汁を購入して、青汁ジュースを自作して飲んでいた事がありました。だけど味が「まずい」ため、飲むのをやめてしまいました。健康に良い飲み物と理解していながら、ギブアップしました。

たまたま、味が私の好みに合わなかっただけかもしれません。今では各メーカーから多くの種類の青汁が販売されています。サンプル品の支給などもあるので、飲みやすい青汁を探せば、きっと見つかるような気がします。飲みやすい味の青汁が見つかれば、再び毎日飲む事に挑戦したいと思っています。

青汁のサプリなら飲めそうです

サプリメント

サプリメントのイメージ画像

青汁は健康食品ですが、やはり味が「まずい物」というイメージが強いようです。
葉っぱをすりおろしたような「ドロドロとした舌触り」が苦手という人もいるようです。あと、青臭くて飲みづらいなど、やはり味や食感に関しては、あまり良い印象を持たれていないようです。

しかし今では「飲みにくさ」を改善するために、色々な工夫が凝らされています。例えば錠剤タイプの青汁も発売されています。

錠剤の青汁サプリなら、青臭い味はありません。なので、とても飲みやすいです。

これなら気軽に飲めそうだと思いました。

ですが以前に私が青汁のサプリを検討した時では、錠剤タイプの青汁は値段が結構高かったです(6000円ほどでした)。サプリは毎月ずっと続けて飲みたい物なので、もっと安かったらいいのに、と思いました。※現在では、お手頃価格の物もあるようです。

青汁はサプリで飲んでも、普段の食事に足りない栄養成分を補うことができます。野菜が不足していると感じたら、錠剤タイプの青汁を検討してみましょう。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム