視力が回復した後もトレーニングを続けましょう

視力悪化の予防のためトレーニングする

多くの人たちは視力が回復したら、もう視力回復のトレーニングを続けたくないと思っているかもしれません。長い期間をかけて毎日地道にコツコツとトレーニングをしてきた人は、特にそう思っているかもしれません。

しかし視力が回復しても毎日少しの時間で良いので、トレーニングを続けていくことをおすすめします。視力の回復後は、視力改善から視力悪化の予防という目的で、トレーニングを行ないましょう。

視力は改善しても、新しい視力に合わせて屈折度数が改善されるのに2ヶ月から3ヶ月ほどかかるそうです。ピント調節機能である毛様体や虹彩が改善されても、屈折度数が改善しない限りは、まだまだ安心できません。

視力の回復後もトレーニングを続けましょう

回復後もトレーニングトレーニングをやめたら、再び悪化してしまう可能性があります。なので視力が回復しても、これまでほどに熱心になる必要はありませんが、変わらず生活習慣の一部として視力回復トレーニングを行なうようにしてください。

もう視力は回復しているので心に余裕を持って、力を抜いて「ゆったりとした気持ち」で毎日少しずつトレーニングを実施しましょう。

だけど、どんな努力家の人でも、

「今日は仕事で疲れて、視力回復トレーニングをするという気分ではないなぁ……」

 

という日も、あると思います。

そんな日は、例えば5分だけ視力回復トレーニングをしましょう。
ダラダラと集中せずにトレーニングをやるなら、時間をかけてもあまり効果はありません。そんな時は、長時間のトレーニングをきっぱりとやめましょう。

ごく短時間でも視力回復のトレーニングを行なった時は、全く何もしなかった時よりも、罪悪感のようなもの(サボってしまったという気持ち)は、少ないでしょう。
そして実行した日の翌朝は、最低限のトレーニングは実行したから「問題なし」と、スッキリとした気分になれると思います。