肌が荒れている時も、化粧品で紫外線対策しましょう

肌を悪化させる紫外線

美肌になるために努力している方が、たくさんいると思います。その美肌にとって、大敵は紫外線です。なぜなら紫外線は、「シミ」や「しわ」の原因となるからです。

あと、紫外線は、乾燥肌にとっても悪い物です。乾燥肌を、さらに悪化させるからです。もっと最悪な場合を言えば、皮膚ガンや白内障の原因にもなります。

美肌の敵・A波

紫外線には、A波とB波があります。美肌の敵と言える物はA波です。A波は、肌にとって大切なコラーゲンを破壊するからです。
コラーゲンが破壊されると、肌は保水力を失います。そうなると新陳代謝が乱れて、肌の見た目がカサカサして透明感がなくなってしまいます。そのままの状態が続くと、肌はハリを失い、老化してゆきます。

このように肌に悪い影響を与える紫外線A波は、曇っている時も存在しています。UVカットのガラスも突き抜けてしまうそうなので、注意が必要です。家の中や車の中にいるから大丈夫とは、言えません。

紫外線A波を受け続けると、肌の下にはシミの元になるメラニンが蓄積されてしまいます。
紫外線が強くなってくる季節では、外出しない日でも、日焼け止めクリームを塗りましょう。普段から、紫外線対策をしておくと良いでしょう。

メラニンがシミになる場合

肌が紫外線などの刺激を受けると、メラノサイトに「メラニンを作れ」という指令を出します。一度刺激を受けると、約2週間メラニンを作り続けると言われています。

細胞の生まれ変わる力が低下している場合(※)、メラニンを含んだ細胞は肌の外へ押し出されずに残ります。これがシミとなります。このシミに紫外線が当たると、さらに色が黒くなります。
※例えば加齢により血行が悪くなると、細胞の隅々に栄養が行き渡らず、細胞の生まれ変わる力が低下します。

美肌であるためには、人によっては1年を通して紫外線対策する必要があったりします。UVカットの化粧品を利用したりしましょう。

肌荒れ時、ファンデーションで紫外線対策

ファンデーションを塗る女性肌を大切にするためには、下地でUVカットする事は重要なポイントと言えます。つまり美肌や美白を目指すには、「夏の強い日差し」の下、そして「冬の日差し」の下でも、きちんとしたUVケアが必要です。

肌が荒れている時でも、紫外線の対策は必要です。ですが日焼け止めクリームは、肌への刺激が強くて落ちにくいです。無理なクレンジングが必要となります。

なので、保湿クリームを塗った上からパウダータイプのファンデーション、またはルースパウダーを付けて紫外線対策するようにしましょう。

ファンデーションのパウダータイプには、紫外線を防ぐ効果があります。ぜひ活用してください。しっかり保湿をすれば大丈夫です。

紫外線の対策では、ベースメイクはポイントの一つと言えます。
例えば紫外線のA波・B波をカットしてくれて、日焼けによる「シミ」や「そばかす」を防ぐという化粧品があります。黄ぐすみをカバーしてくれる物もあるので、透明感のある肌にできるでしょう。

自分の肌に合ったベースメイクを、ぜひ見つけてください。

化粧品の成分を洗い流す事

シミができることを防ぐために、スキンケアの化粧品を使っている人は多いと思います。

しかし、その化粧品の成分が肌に残ったままだと、シミの原因となってしまうそうです。肌に残ったままの化粧品の成分が紫外線によって活性化されて、それが「シミ」や「くすみ」の原因になる可能性があります。
なので化粧品の成分を、しっかりと洗い流す事が大切です。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム