「白髪染め」の人気色・ブラウン

「白髪染め」を用いて白髪を染める場合、しっかりと染める事が重要です。そして、それと同じくらいに大事な事があります。それはカラーの選択です。

「白髪染め」のカラーについては、ブラウンが最も人気と聞きました。

ブラウンが似合う女性確かにブラウンという色は定番であり、仕上がりも安定感があって良いと思います。
実は私は当初、白髪を染めるなら真っ黒が良いと思っていました。ですが、まずはブラウンから染めてみるという選択肢も有効だと、考え直しました。

その他の色では、イエロー系やオレンジ系などもあるそうです。これらのカラーは、派手なイメージがあります。しかしイエロー系だからといって、黄色という訳ではありません。黄色っぽいブラウンという感じの色なので、見た目は自然です。

なお「染め直し」については、明るめの色から暗めの色に染め直すことは、やりやすいです。しかしその反対は、難しいです。
「白髪染め」のカラーで迷っているなら、まずは明るめの色を選ぶほうが「やり直しできて良い」です。

ブラウンの種類

一般的に、ブラウンカラーは「ナチュラル系」「アッシュ系」「イエロー系」「オレンジ系」「ピンク系」に分けることができます。

ナチュラル系ブラウン

自然な色合いに染めることができるカラーです。始めて「白髪染め」を行なう方におすすめです。

ダークブラウンは、大人っぽく落ち着いた雰囲気です。
モカブラウンは、深みのある色合いです。知的な印象もあります。
ライトブラウンは、明るい印象があります。
これら3色については、最初に染めるならライトブラウンを利用すると良いでしょう。一度、暗めに染めた髪色を明るい色に変化させるのは難しいからです。

アッシュ系ブラウン

ブラウンにグレーを入れたアッシュブラウンは、グレーっぽくてくすみのあるブラウンです。
以前から、グレーカラーは人気色となっています。クールな印象があるからです。ツヤ感もあってファッショナブルな印象です。

イエロー系ブラウン

黄味のあるイエロー系ブラウンは、日本人の肌に馴染むカラーです。「明るい色合い」が良い、という方におすすめです。

キャラメルブラウンは、さりげない黄味であり、優しい印象があります。
ハニーブラウンは、明るくて軽やかな印象です。

オレンジ系ブラウン

オレンジっぽいブラウン色です。ツヤ感を出してくれるので、パサつきをカバーできます。「髪の傷み」が気になっている方に、おすすめです。

メイプルオレンジは、エレガントな印象の色です。
オレンジブラウンは、深みのある色で、ツヤ感があります。

ピンク系ブラウン

髪の毛の色としてピンク色というと、ちょっと敬遠してしまう方は多いかもしれません。ですが日本人の黒髪には、「赤み」が混じっています。なのでピンクを入れても馴染みます。結構、自然な感じで仕上がります。

レッド系ブラウンは「赤み」が深くて、シックな印象になります。
ピンク系ブラウンは「くすみ」が少なくて、華やかで明るい印象です。気分も明るくなりそうな色です。

若い人に似合う色

ところで白髪になってしまう原因としては、髪の毛に含まれている色素細胞の機能が低下した事が考えられます。色素細胞とは、メラニン顆粒という成分で構成された物です。髪の毛が毛母で発毛する際、色素細胞が髪の毛の中に送られることで、髪に色が付きます。

一般的に白髪は、加齢と共に発生する老化現象の一つです。しかし若い人でも、白髪の多い方がいます。なので若い人でも、「白髪染め」の利用を考える場面があるでしょう。そんな時、ブラウンという色は、若い人の髪に「なかなか似合う色」だと思います。



タイトルとURLをコピーしました