健康維持に必要な成分・コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、健康を維持するのに重要な役割を持っています。
コエンザイムQ10の摂取によって実感できる効果には、美肌や体力増進など様々あるようです。

コエンザイムQ10は人が生まれてから死ぬまで、ずっと関わりを持つ大切な成分です。ですが年齢を重ねるにつれて、体内における量が減少してゆきます。

体内で合成されるコエンザイムQ10の量は、20歳頃が最も多いです。それ以降は減少してゆきます。なので高齢になればなるほど、コエンザイムQ10は健康の維持に必要な要素となります。
高齢になっても心肺機能が健康であるためには、コエンザイムQ10を意識して摂取するということが大切です。

心臓の健康と関係がある成分

鼓動する心臓アンチエイジングで有名なコエンザイムQ10は、心臓と関係がある成分とされています。なぜなら、心臓を動かすエネルギーを作るのをサポートしているからです。

心臓病の治療薬として利用されているそうなので、コエンザイムQ10は美容だけでなくて、心臓に対しても何らかの効果を持っている成分のようです
※コエンザイムQ10と心臓に関して詳しく知りたい方は、専門医にお尋ねください。

今のところ幸いなことに、私は心臓に関する病気はありません。しかし健康であっても、心配事や緊張などによって、胸が締め付けられるような状態になったりします。大げさに言うと、心臓が10秒間ほど「締め付けられるている感じ」がします。
心臓は、体の中でとても大切な臓器です。なので普段の食事からコエンザイムQ10を摂取して、心臓を「いたわりたい」と思います。

食事から取るのは大変な成分です

ところでコエンザイムQ10は、普段の食事から摂取しやすい成分でしょうか?
実はコエンザイムQ10を食事から摂取しようとすると、大変な量を食べる必要があります。

コエンザイムQ10の一日当たりの摂取量は、30ミリから60ミリほどが目安となっています。この量を摂取する場合、例えば牛肉では、950グラムほど食べる事になります。野菜のブロッコリーでは、4キログラムのブロッコリーを食べる事になります。

コエンザイムQ10を意識した生活を送ろうと思ったら、毎日、牛肉を950グラムまたはブロッコリーを4キロ食べることになります。
現実には、これは無理です。なのでコエンザイムQ10のサプリを利用することも、検討してください。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム