医療機関と提携なし、エステサロンの脱毛方法

エステサロンの脱毛方法

エステサロン

エステサロンのイメージ画像

エステティックサロンや医療機関で行なう脱毛方法には、多くの種類があります。それらの中で代表的な方法には、レーザー脱毛・光脱毛・電気脱毛があります。

医療機関と提携していないエステサロンでは、主な脱毛法はIPL脱毛と呼ばれる光脱毛と、ブレンド法と呼ばれる電気脱毛の2種類です。

IPL脱毛

IPL脱毛とは、光を出力する機器を使う脱毛法です。その光は、医療レーザーと同じように黒い部分に対して熱反応を起こす光です。レーザーと同じような効果を持つ光を出力する機器を使うため、電気脱毛と比べて脱毛の効果を期待できるそうです。

しかし注意が必要です。一般的に毛という物は、とても頑丈にできています。そのため低い出力だと、脱毛の効果を期待できません。
よって、必然的に出力を上げて処置を行ないます。「火傷(やけど)になるか・ならないか」くらいの出力で照射しないと、効果を見込めないそうです。なので火傷のトラブルなどが、あるそうです。

なおエステサロンでは、炎症を抑えるクリームのような物なら出してくれるかもしれません。しかし、それ以外の薬に当たる物を出すことはできません。

あと、エステサロンなどで、そこのエステサロン独自の脱毛法と宣伝している方法が見られますが、ほとんどの場合はIPL脱毛に相当する方法だそうです。

電気脱毛

電気脱毛では、毛穴の一つ一つに細い針を差し込みます。その針に電気または高周波を流して、毛根部を破壊します。そうすることで、毛の再生を防ぎます。
この方法はレーザー脱毛と同様に、永久的な脱毛効果が高いと言われています。

電気の種類

針に流す電気の種類によって、「高周波法」「流電法」「ブレンド法」に分かれます。
近年では、「高周波法」と「直流の弱電流を流す流電法」を組み合わせた方法が、主流となっています。

ブレンド法

「ブレンド法」と呼ばれている電気脱毛では、レーザー脱毛と比べて時間が掛かってしまうそうです。1本1本の毛穴に刺して、処置していくためです。
そして電流を流す時間が長いため、人によっては「激しい痛み」を感じる場合があるようです。
なお、エステサロンによっては、1回の治療で何時間までというように、治療費が時間制で決められています。脱毛の処置に時間が掛かれば、その分だけ費用も掛かってしまいます。

一般的に、脱毛の処置は時間が掛かると言えます。医療機関やエステティック・サロンで施術した場合でも、1回の施術ですぐにツルツル肌になることはありません。複数回、通う必要があります。

針の種類

電気針

電気針(ニードル)を使って脱毛する場合では、電気針を毛根1本1本に対して刺して電気を流していく作業になります。例えばレーザー脱毛と比べると、時間が掛かるでしょう。
あと、電気針を使うので、ムダ毛が少し伸びている状態でないと毛穴に針を入れられません。なので、秋や冬などの肌を見せない時期に実施すると良いと思います。

処置できない場合

妊娠中の方は、永久脱毛をしてはいけない場合があるそうです。例として、ニードル脱毛法という針を刺す方法で脇毛を処理する場合、脇は乳腺から近いということで、授乳中の「お母さん」はしてはいけないということです。
脇の毛穴に細い針を差し込むため、乳腺に近い脇の部分は駄目ということです。ちなみに、その他の部分については問題ないらしいです。
最初にカウンセリングがあり、現状を色々と聞かれると思います。妊娠中であるか、授乳中であるかなど、色々と聞かれると思います。その際、正しく状況を伝えましょう。

永久脱毛の方法には、ニードル脱毛法の他にも様々な方法があります。現在では、レーザーで行なう脱毛が主流になっています。自分の状況に合う方法を見つけてください。
なお、医療レーザー脱毛は、医療機関のみで行なえます。エステでは行なえません。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム