フランスの煮込み料理・ポトフ

フランスの家庭料理

ポトフポトフとは、フランス語で「火にかけた鍋」を意味します。フランスの代表的な家庭料理であり、フランスの伝統的な煮込み料理です。
牛肉や鶏肉、ソーセージなどと、大きく切ったニンジン、玉ねぎ、じゃがいもなどの野菜を、長時間じっくりと煮込んだ料理です。スープ、肉、野菜を、別々にいただくフランスコース料理の原点です。

ポトフという料理は、フランスでは日本の鍋料理のように親しまれてきた料理です。煮込む具材については、実は決まりはありません。家庭にある食材で、気軽に作ることができます。
野菜や肉の旨味たっぷりのポトフは、特に冬の季節、体と心を「ぽかぽかにしてくれる」でしょう。
また、様々な食材を使えば、栄養満点でヘルシーな料理になります。クリスマスや忘年会のシーズンなどで、「食べ過ぎ」で疲れた胃袋を癒すのに、ポトフはピッタリな料理と言えます。

ポトフのレシピ

ポトフのレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(4人分)

  • フランクフルトソーセージ……4本。
  • ベーコン(塊)……200g。
  • キャベツ……1/2個。
  • ニンジン……1/2個。
  • じゃがいも……2個。
  • 小玉ねぎ……8個。
  • にんにく……1片。
  • ローリエ……1枚。
  • スープストック……カップ6(固形スープの素を、分量の水で溶いた物でも良いです。
  • 塩、コショウ……少々。
  • マスタード……適量。

下ごしらえ

  1. 竹串で、フランクフルトの表面にまんべんなく穴をあけます。
  2. ベーコンを、8等分(一口大)に切ります。
  3. キャベツを、4等分の「くし形」に切ります。
  4. 「じゃがいも」の皮をむいて半分に切り、水にさらします。
  5. ニンジンを、大きめの乱切りにします。
  6. 小玉ねぎ、ニンニクの皮をむきます。

作り方

  1. 鍋の中に、ソーセージやベーコン、キャベツやニンジン、小玉ねぎ、ニンニク、ローリエを入れます。
    そして、スープストックを注いで強火にかけます。
  2. グツグツと煮立ってきたら、コトコトと煮立つ程度に火を弱めます。丁寧にアクを取りながら、約30分ほど煮込みます。
  3. 塩・コショウで味を調えます。「じゃがいも」を加えて、柔らかくなるまで煮込みます。
  4. ソーセージやベーコン、野菜類を取り出します。スープをこして、塩・コショウで味を調えます。
    それぞれを別に盛り付けて、マスタードを添えて出来上がりです。

手作りする際のポイントを、以下に書きます。

  • 全ての材料を、大きめに切ります。こうすることで「素材の美味しさ」を逃がさないようにします。
  • 竹串を使って、大きめのソーセージに穴をあけます。こうすることで「スープの美味しさ」を染み込ませます。
  • 丁寧にアクを取り除きます。そうすることで、スッキリと透き通ったスープになります。
  • スープについては、塩とコショウで味を調えます。肉と野菜を「それぞれ別の皿」に盛って、マスタードを添えていただきます。
食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム