便利なのに、自転車に乗らなくなった理由

自転車に乗らなくなった理由

自転車は近所を移動する際、とても便利な乗り物だと思っています。学生だった頃は、毎日の通学で自転車を利用していました。

ですが大人になってから、特に中年になってから、自転車に乗る事がなくなりました。理由の一つは、

自転車専用の道路がないからです。

運動神経が鈍くなった今では、自転車で車道を走るのは怖いです。

走行レーンを描くライト

「自転車で車道を走るのは怖い」という状況を少しでも改善してくれる、自転車用のセーフティーライトがあるようです。照明の光線によって、走行レーンを道路に描いてくれるライトです。
onyourmark | NEWS | 自転車の走行レーンが出現?驚きのセーフティライト

ライトで走行レーンっぽいモノを描いているだけですが、交通安全に役立つと思いました。
もちろん、本物の自転車レーンがあれば「もっと良い」と思います。だけど、実際にレーンが作られるのは「いつの日になるか?」わからないでしょう。なので、このような照明機器を使って自転車の走行レーンを表示できるなら、今すぐできる安全対策の一つとして利用すると良い、と思いました。

自転車を楽しくするグッズ・自転車ホルダー

中年になった今では自転車に乗っていない、という残念な話をしましたが、世の中には自転車を楽しくしてくれるグッズが多数あります。例えば、自転車ホルダーです。

自転車ホルダーを利用すれば、スマホ端末を自転車に付けられます。

自転車で旅に出かける いつも乗っている自転車に、iPhone端末などのスマートフォンを取り付けられます。

特に「TIGRA BikeMount」というケースは、自転車ホルダーの中でも人気があります(2011年当時)。そのケースにiPhoneなどを入れたままで、タッチスクリーンの操作が可能です。とても使い勝手が良いケースです。

自転車マウント用という事より、iPhoneなどを衝撃から守ってくれます。例えば自転車で、ガタガタな道を走っても大丈夫です。衝撃を吸収するシリコンが、ケースに付いているからです。
そして耐水性のあるケースなので、雨や風という悪天候の時でも使えます(とは言っても、なるべく天気の良い日に自転車に乗りましょう)。

普段から自転車に乗っている人は、このような自転車ホルダーを利用してみましょう。より一層快適にサイクリングできる、と思うからです。

日常生活
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム