「憧れ」の時計、ロレックスの腕時計

ロレックスの腕時計憧れ」の時計ブランドと言ったら、ロレックスでしょう。最高級ブランドと言われており、多くの人たちから支持されているブランドです。
そしてロレックスの時計製品も、ブランドと同じように多くの人たちから支持されています。現在の時計はもちろん、昔のロレックス時計についても、アンティーク時計としてかなり人気があるそうです。今も昔も人気の腕時計と言えます。

ロレックスの腕時計は多くの国と地域で人気がありますが、ロレックスの創始者のハンス・ウィルスドルフ氏は、最初から世界市場を目指していたそうです。なので、どこの国でも発音しやすいようにしたいという理由で、「ロレックス」と名付けたそうです。確かに日本人でも、発音しやすい名称だと思いました。

ロレックスの時計と言えば、品のある洗練された外観に注目が集まっています。だけど元々は、実用性を重視した腕時計だったそうです。
1926年という昔の時代から、すでに防水機能がありました。その後、「自動巻き」という機能を開発しています。「防水の時計」や「自動巻き機能の時計」を最初に作ったのは、ロレックスとされています。これらの機能は日常の生活において有用であり、実用的な機能と言えます。

スタンダードラインとして、人気を集めているのはデイジャストです。デイジャストとは、日付表示機構が付いている時計を意味します。日付表示機構とは、深夜12時に日付が一瞬で変わる機能の事です。
また、スポーツラインでは、エクスプローラーやデイトナなどが人気となっています。
エクスプローラーは、洞窟探検家のために作られた時計です。文字盤が「とてもシンプルなデザイン」である点が、特徴です。デイトナは、ストップウオッチ機能がある高級時計です。

希少価値を生み出すエピソード

ロレックスのアンティーク時計では、希少性を持っているモデルに対して高いプレミアが付く、と言われています。希少性と聞くと数が少ないという事を、思い浮かべるかもしれません。しかし、その時計にまつわるエピソードが希少価値を生み出している場合もあります。

そのようなエピソードの例として、ポールニューマンが愛用しているというエピソードがあります。彼の名前が付けられたモデル「ロレックス デイトナ ポールニューマン」という物が存在する事より、有名人が持っているという事は、それだけで商品価値が付くと言えます。
その他のエピソードでは、その時計が誕生するまでに至った物語なども、腕時計製品の魅力を引き上げる事になるでしょう。

高額でも欲しい腕時計

ロレックスの腕時計については、その値段が高くて簡単には手に入れることができない、と言えます。高額な物であれば、300万円を超える価格になっていたりします。なお、中古品の場合では、50万円くらいで買える物もあったりします。

購入者の中には、新品の腕時計をローンによって購入する人もいるようです。高級ブランドと言われているだけあって、大切に使うと長持ちします。よってファンの方なら、例え高額であっても手に入れたい逸品だと思うようです。
ロレックスの腕時計なら、メンズ・レディース問わず、お気に入りの時計が「きっと見つかる」と言えます。



タイトルとURLをコピーしました