恋愛心理学から考える「うまくいくカップル」

うまくいくカップルのチェック項目

仲が良いカップル心理学の結果を元にして、どんなカップルがうまくいくのか、お話したいと思います。
恋人と結婚したいと思っている方は、以下の項目についてチェックしてみましょう。

似た者同士である、共通点がある

趣味や関心、性格や価値観などについて似ているカップルのことです。
これは、類似性の法則が上手に作用していると考えられます。
ほとんどの人は相手と付き合う時、相手が自分と「どれぐらい似ているのか」を重視しています。似ていたり共通点があると思った相手には、親近感を抱くようです。

頻繁にデートしている

頻繁に会うことにより、どんどん好きになってゆくことを「単純接触の原理」と呼びます。
さらに相手を「より深く理解すること」で、ますます好きになってゆきます。心理学用語では、これを「熟知性の原則」と呼びます。
これら二つの要素が重なることによって、さらなる好意が積み重なっていきます。

釣り合っている

心理学用語では「マッチング原理」と言います。
人は、自分の価値を自分なりに決めており、それに見合った相手を無意識のうちに選ぶ傾向があります。

「容姿や地位などの釣り合い」が取れているカップルは、長続きしやすい傾向にあります。
特に交際しているカップルについては、マッチング原則が見られることが多いそうです。心理学者の研究から、そのことが明らかになっています。

相思相愛である

恋愛には、力のバランスが存在します。一方的に好きになったほうが、一般的には立場が弱くなりがちです。そして相手に対する好意と自分に対する好意とがアンバランスの場合、その恋が長続きする可能性は低いと考えられます。
相思相愛は当たり前だと思うかもしれません。しかし、付き合っているから必ず相思相愛であるとは限りません。

住んでいる場所が近い

実際に、恋人同士が物理的に離れているほど、結婚する確率が低くなるという研究結果があります。心理学用語では「ボッサードの法則」と呼ばれています。
物理的な距離は、恋人同士にとって非常に重要なことです。
お互いの生活圏が近いほど、結婚できやすいと言えます(遠距離恋愛の成就が、難しい傾向にあるからです)。

恋愛に障害がある

親や周囲の反対がある状態を指します。
心理学では、「ロミオとジュリエット効果」と呼ばれています。周りから反対されることで、逆に2人の「愛情」や「結び付き」を深めていく傾向があります。

「また会いたい」と思わせましょう

「会いたいけど、会えない~~」みたいな歌をよく聞きますが、恋愛を発展させる場合、「また会いたいな」と思わせるのが大事だそうです。例えばデートの帰りぎわに、「また今度もデートしたいな」と思わせる事が大事と言えます。

「会いたい」と思わせる事は、相手の事を「もっと知りたいと思う気持ち」と繋がっています。特に男性は、「相手の女性の事を知りたいという気持ち」が強いと言われています。なので女性のほうは、1回目のデートで全てを公開せず、謎の部分を残しておくほうが次の出会いに繋がります。ちょっとミステリアスな女性に、男性は惹かれるのかもしれません。

人は結構贅沢なもので、簡単に全てが手に入ると飽きてしまうらしいです。段階を経て、一つずつ「喜び」を手に入れて行くと飽きないらしいです。料理に例えたら、コース料理と言えます。メインディッシュは最後に出てきます。最初は前菜から始まります。恋愛もコース料理みたいに、少しずつステップアップして行くほうが長続きするでしょう。

タイトルとURLをコピーしました