冷え性対策して、ニキビを予防しましょう

ニキビと関係がある、冷え性体質

冷え性の女性ニキビを作らないためには、まず毛穴を詰まらせないことです。そして、ニキビができにくい体質を保つことです。
ニキビ体質を改善していくためには、食事や生活リズムなどの生活習慣を変えていく必要があります。

ところで、冷え性の体質とニキビには関係があります。
冷え性体質の人は、血行が悪くて代謝もスムーズではないです。そのため、体を保護するために、皮脂の分泌が盛んになってしまいがちです。
体の中の熱を外へ逃さないために、皮脂をたくさん出して皮膚を覆って保護するということです。

ニキビとは毛穴が詰まって、そこに皮脂が溜まった物です。なので、たくさんの皮脂を分泌する冷え性の体質とニキビには、やはり関係があると言えるでしょう。

なお冷え性は、体に悪い影響を与える症状です。冷えの症状がひどい場合、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。他にも夜ぐっすり眠ることができなくなったり、「むくみ」や「めまい」が起こったりする場合があります。

ニキビの予防に繋がる、冷え性対策

ニキビと言えば、テカテカした脂肌(あぶらはだ)を思い浮かべると思います。ニキビとは、毛穴が詰まって、そこに皮脂が溜まった物です。よって、皮膚の脂と関係があると言えます。

その脂肌(オイリー肌)は、先程言ったように「冷え性と関係がある」と言われています。冷え性の体質の人は、体の中の熱を外へ逃がさないために、皮脂の分泌が盛んになることが多いからです。

ニキビと冷え性に関係が見られることより、ニキビ対策の一つとして、冷え性対策が挙げられます。

冷え性を改善するための方法として、足浴や手浴などがあります。これらを行なうと、確かに手足は温まります。しかし、それは一時的なことです。体の中が冷えている状態の場合、すぐに元に戻ってしまいます。

小腸の蠕動運動

体の中に熱を運んでいる部分は、小腸です。なので「小腸の働き」を活発にすることで、体内から、冷え性の改善を期待できます。

物を食べると、小腸が運動して食べた物を大腸に送り出します。その運動、つまり

蠕動運動(ぜんどううんどう)が熱を作り出して、血液を温めます。その温まった血液が全身に送られて行きます。

ところで夜間の心臓の状態は、昼間と比べて休憩状態になります。なので特に夜間では、小腸に頑張って運動してもらって、温かい血液を送り出してもらうことが大事です。
そうするためには、食べた物が小腸へ届いた状態で、眠った状態になると良いです。なので寝る3時間ほど前から、食事をしない習慣をつけると良いでしょう。

※下記の商品説明。
 漢方薬の当帰芍薬散は、冷え性を改善すると言われています。

漢方薬
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム