栄養豊富な料理、野菜スープでダイエット

ダイエットに良い食材・野菜

野菜を「しっかり食べる事」が痩せるのに大事と言われています。ダイエットやアンチエイジングに興味がある方は、毎日の食事で野菜をしっかり食べるようにしましょう。野菜はダイエットにもアンチエイジングにも、役立つ食材だからです。

ただし、いくら野菜と言っても、必要以上に食べ過ぎてはいけません。GI値が高い野菜、例えばジャガイモやニンジンなどを大量に食べると、体の中に脂肪を溜め込む「きっかけ」になってしまうからです。

一般的に野菜は、低カロリーな食材と言われています。例えば100gで約30kcal以下の野菜は、次のような物があります。
白菜・レタス・ほうれん草・野沢菜、ピーマン・ブロッコリー・モロヘイヤ・ねぎ、もやし・なす・大根・玉ねぎ・トマトなど。

これらは一部であり、他にも低カロリーな野菜はたくさんあります。キャベツ・きゅうり・アスパラガスなど、たくさんあります。
なお、低カロリーな食材でも、調理法によっては高カロリーになってしまいます。気をつけましょう。

野菜スープのダイエット方法

スープ

野菜スープのイメージ画像

野菜スープ・ダイエットという方法があります。夕食を野菜スープに置き換えるという方法です。

毎食、野菜スープを食べることは、ちょっとキツいかもしれません。でも3食のうちの1食なら、野菜スープだけでも美味しく食べられるでしょう。

実は以前から、スープで痩せるという方法がありました。その名称には、「脂肪燃焼スープ」「毒出しスープ」などと付いていました。

スープを飲む方法には、
「普段の食事のメインをスープに置き換えるもの」
「1週間だけ集中して、スープと決められたメニューの食事をするもの」
「毎日の食事の前にスープを飲むもの」
などがありました。

栄養豊富なスープ

野菜は、天然のサプリメントと言われています。ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやビタミンE、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラルが豊富に含まれているからです。

野菜の食べ方の一つに、スープにして食べる方法があります。スープでは汁も一緒に食べるので、お腹がふくれて満腹感を得やすいでしょう。
そして野菜をスープにすると、スープに溶け出した水溶性の栄養素を摂取できます。よって、野菜の栄養を無駄なく取れます。

現代では、普段の生活で十分な野菜を食べることは難しいです。なので野菜を補うために、定期的に野菜スープを食べるようにしましょう。健康に「とても良い食事」と言えます。

フリーズドライ製法

ダイエット中では、食べ物にも気を使うと思います。これを食べたら太ってしまうかも?と、心配になる場面も多いでしょう。

そんな時「フリーズドライ製法」で作られた野菜スープを食べてみましょう。
フリーズドライ製法は、素材の栄養価や風味を「そのままいただける作り方」です。出来立ての味が、そのまま閉じこめられています。なので野菜本来の「美味しさ」をいただける、と思います。

野菜は一般的に低カロリーな食材です。小腹が空いた時にも「おすすめな食材」です。もちろんダイエット中でも、安心して食べる事ができます。