続けやすい、ダイエットのための入浴法

入浴は運動という指摘

入浴する事は、運動しているのと同じ効果を期待できる。

そういう指摘があります。確かに「お風呂」に入った後、「心地良い疲れ」を感じる事が多いです。
そうであるなら、毎日の入浴をダイエットに利用しない手はありません。ちょっとでも痩せるのに役立つ入浴法を、ぜひ知っておきたいです。

私が以前にネット記事で見たものでは、3回に分けて入浴するという方法でした。
お風呂に「入る・出る」を3回繰り返す事は、面倒な気がします。ですが、その「めんどくささ」がダイエットに繋がるのかもしれません。

ちなみに入浴法によるダイエット効果は、とても緩やかと言えます。すぐには痩せません。
しかし、毎日続けられる方法だと思います。続ける事で体重が減ってゆくなら、試してみる価値があると思います。

ダイエットのための入浴法には、多数の「やり方」があります。色々と試してみて、自分自身にピッタリの方法を見つけましょう。

ダイエットに効果的な入浴法

お風呂に入っている女性

日々ダイエットグッズを活用して運動している方が、いるでしょう。そんな人の中には、運動後の「お風呂が楽しみ」という方がいると思います。

せっかく「お風呂」に入るなら、ダイエットに役立つ入浴法で入ってみましょう。例えば「お湯の温度を熱め」にしたりすると、ダイエットに効果的だったりします。

熱めの「お湯」

より一層ダイエットの効果を引き出す「お風呂の入り方」を言うと、最初に42度から43度くらいの比較的熱めの「お湯」に浸かります。
しばらく浸かっていると、汗をかいてくると思います。そうしたら浴槽から出て、ゆっくりと体を冷まします。

これを1セットとして、3セットほどやってみてください。
※病気などで体調が悪い方は、熱めの「お風呂」に入ることは危険だと思います。お止めください。

発汗浴

健康的な入浴法として知られている発汗浴は、基礎代謝を高めると言われています。ダイエットに関心があるなら、一度は試してみたい入浴法と言えます。

発汗浴とは、大まかに言うと浴槽にフタをして入るという入浴法です。
基本的な「やり方」は、お風呂に入ったらフタを使って「お風呂」を閉めます。頭と顔だけ、出している状態です(両手を出しても良いです)。
つまり、身体の部分については蒸し風呂の状態となります。肩などの「お湯につかっていない部分」も、蒸気に包まれるので温かく入浴できます。

結構短時間で、発汗を実感できます。長い時間の入浴が苦手な人や高齢者の人でも、体に対する負担が少ないと言われています。

発汗浴専用のフタも市販されており、実践している人も結構いるようです。
なお、入浴中のトラブルや事故に気をつけください。無理せずに安全第一で入浴してください。

他のダイエットをサポートする「お風呂に入る事」

有名なダイエット法の一つに、お風呂ダイエットがあります。この「お風呂ダイエット」の効果について、少し勘違いをしている方がいると聞きます。

よく勘違いされている点は、すぐに体重が落ちると思われている点です。お風呂ダイエットには、確かに痩せる効果を期待できます。ですがどちらかと言うと、効果的にダイエットを進められるように、体に準備をさせるという事です。

つまり、他のダイエット法をサポートしてくれるという事です。お風呂ダイエット単独では、期待するほどの効果を得られない、という指摘があります。

もちろんダイエットには個人差があるので、お風呂のダイエットだけで痩せられた、という人もいると思います。なので参考程度に考えていただけたら、と思います。

お風呂を楽しくする入浴剤

入浴

お風呂は、とてもリラックスできる場所と言えます。ダイエットのストレスを解消できる場所と言えるでしょう。

「心地良い香り」の入浴剤が多数販売されているので、それらの中から「お気に入りの物」を選んでみましょう。より一層、入浴でリラックスできると思います。

入浴剤の他にも、「エッセンシャルオイル」や「みかんの皮」「たんぽぽ」などを入れても良いです。自宅の「お風呂」がいつもと違って、素敵な空間になると思います。

唐辛子エキス入り入浴剤

例えば、痩せるのに役立つと言われているゲルマニウム入浴剤の中には、唐辛子エキスが含まれている物があるそうです。唐辛子の温熱効果を利用した入浴剤です。

たっぷり入っている唐辛子エキスのカプサイシン効果で、じんわり汗が出てくるそうです。
たっぷり汗をかける入浴剤なら、気分良く「お風呂」に入れるでしょう。