顔の肌トラブルが気になるなら、無添加石鹸で髪を洗いましょう

顔の肌トラブル

顔にブツブツができた場合、化粧品が合わないためと考えたりするでしょう。

ですが化粧品ではなくてシャンプーが原因だった、という話を聞いた事がありました。シャンプーで髪を洗う際、シャンプー液がの表面を流れるからです。
なので化粧品と同様に、肌に優しいシャンプーを使うほうが良いです。

髪や頭皮のトラブル

「肌の悩み」と同じくらいに、「髪の毛や頭皮に関する悩み」を抱えている人は多い、と思います。そんな方は、無添加のヘアケア用品を使ってみると良いかもしれません。例えば無添加のシャンプーでは、天然成分のみを使用しています。人工的な成分を使わないようにしています。なので髪の毛や頭皮に余計な負担がかからない、と言えます。

ただし、無添加シャンプーと言っている物の中には、香料や防腐剤を使ってはいないけれど、洗浄剤として化学合成物質を使用している物もあるようです。完全に無添加なシャンプーを使いたいなら、シャンプーの成分表示を見て、人工成分がないかどうか自分で確認してください。

「髪の悩み」で「抜け毛や薄毛に関する悩み」は、最も多いと言えるでしょう。そんな時、無添加シャンプーが髪に良いと言われたら、使ってみたい気持ちになるでしょう。ご自身の頭皮や髪を大切にしたいなら、検討してみましょう。

無添加石鹸で髪を洗いましょう

髪の毛だけでなくて、肌への優しさに「こだわっている人」の中には、

無添加の石鹸で髪を洗っている人がいるそうです。

石鹸特に無添加の化粧品に「こだわっている人」の中には、無添加の石鹸で髪を洗う人がいるようです。
化粧品に限らず、ヘアケア製品においても、やはり無添加である事がメリットと思われているようです。今後、無添加のヘアケア製品が、ますます重要視される事が増えるかもしれません。

顔の肌トラブルの原因は、やはりシャンプーかもしれない。そう確信できるなら、一度試しに無添加の石鹸シャンプーを使ってみると良いでしょう。顔の肌トラブルを解消できる可能性があるからです。

なお、今までに「普通の手洗い石鹸」で洗髪した事がある人ならわかると思いますが、洗った後、髪が「ごわごわした感じ」になり、ブラシの通りもイマイチとなります。
普通の石鹸は洗浄力が強いので、皮脂を取り過ぎてしまうことがあります。そしてアルカリ性なので、キューティクルが開いて髪に「きしみ感」があります。

その点が気に入らない人は、やはり無添加の石鹸シャンプーを使う事になります。

洗い方

簡単に髪の洗い方を、以下に書きます。

  1. 自分の好みの無添加石鹸を、ネットでよく泡立てます。
  2. そして、濡らした髪に乗せて洗います。
  3. 「すすぎ」については、念入りに行ないます。
    もしも石鹸成分が髪や頭皮に残ったままだと、ベタベタの原因になってしまうからです。
ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム