少しでも「くせ毛」を改善できる方法

くせ毛の原因

くせ毛くせ毛は直毛と比べて、毛穴が頭皮の中で少しカーブしています。毛根の部分は、その毛穴の曲がった所に位置しています。

毛母細胞で作られた髪が頭皮上に押し出される時、そのカーブした毛穴を通ります。そのため、頭皮を出た時に曲がってしまい、くせ毛となります。「くせの度合い」については、毛穴の曲がり具合によって変わります。

毛根の位置は遺伝することが多い、と言われています。なので親が「くせ毛」の場合、子供も「くせ毛」になる傾向が強いそうです。

くせ毛の改善方法

ブラッシングの摩擦を少なくする事

くせ毛の人は、普段から髪を傷めないような工夫が必要です。くせ毛の場合では、ブラッシングをするだけでも摩擦が大きくて、そのためキューティクルを傷めてしまいます。
ローションなどを使用して、なるべく摩擦を少なくするようにしましょう。髪が乾いた状態で無理やりブラッシングをしてはいけません。
くせの程度にもよりますが、ブラシを使わず、代わりに「くしを使う」ということも考えておきましょう。

ちなみに髪の毛が長い人は、シャンプーをする前に軽くブラッシングをしたほうが良いです。
髪の毛がもつれたままシャンプーをすると、髪の毛に無理な力がかかってしまいます。これは、髪を傷める原因となります。
ブラッシングは、軽くしてください。もしも強い力でブラッシングを行なうと、頭皮を傷つけてしまいます。ご注意ください。

髪を引っ張ってドライヤーをかける事

髪を乾かす時も注意が必要です。髪の乾かし方で、くせ毛の影響を抑えられるからです。
まずは、タオルで髪全体を覆って水分を取ります。そして、タオルで毛先をはさんで水分を取ります。髪の水分を取るためには、タオルでしばらく包み込むようにしてください。

くせ毛を防ぐ方法の一つに、ドライヤーを使う方法があります。
髪の根元に「手ぐし」を通して、髪をひっぱるようにしながらドライヤーをかけると良いです。
ドライヤーと髪の距離ですが、髪から15cmくらい離してください。そして、ドライヤーを左右に振るようにして、髪に負担をかけないようにしましょう。

ドライヤーの機能については、マイナスイオン機能が付いている物が「おすすめ」です。

くせ毛用のシャンプーを使う事

くせ毛の人の場合は、よりヘアケアに気を使う必要があります。
洗髪については、くせ毛に適したシャンプーを選ぶことが大切です。くせ毛に対しては、「潤い」を与える成分が含まれていると良いでしょう。
一般的には、アミノ酸系のシャンプーが良いと言われています。なぜなら、髪や地肌に優しいからです。

なお「くせ毛」を防ぐためには、髪だけでなく、頭皮も大切にすることが必要です。ご自身の髪の毛、そして頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶようにしてください。
最近くせ毛がひどくなっていると感じる人は、いま使っているシャンプーを換えてみましょう。くせ毛を改善できる可能性があるからです。

ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム