女性向きのアロマと言える、ゼラニウムの精油

ゼラニウム

ゼラニウム精油の一つに、ゼラニウムの精油があります。アロマ用品の店でも、よく見かけるアロマオイルです。

ゼラニウムは、観葉植物としても人気があります。花の形は可愛くて、飾っておいても心が安らぎます。
家の窓辺に置いておくと防虫の効果があります。「蚊れん草」という名前で売られていることが、あります。

「ゼラニウムの葉っぱ」の「香り」は、バラに似ています。「フローラル系の香り」に近い、と言われています。甘すぎず、とても「スカッとした香り」です。

期待できる効果

ゼラニウムには、殺菌作用ホルモンバランスを整える作用があります。その他に、血行を良くしたり、皮脂分泌の調整をしたりする働きもあります。お肌の「乾燥」や「くすみ」を予防する効果を期待できます。

ゼラニウムが持っている、強壮作用やホルモン内分泌作用は、心のバランスを整えて、「不安」や「うつ」を和らげて、心を明るくしてくれます。精神的な面の様々な「悩み」を緩和させる効能があります。

そして殺菌作用や、皮脂のバランスを整える作用を持っているので、化粧水の原料として使用されることもあります。「香り」の特徴を生かして、石鹸や香水の原料にも使われています。

ゼラニウムは副腎皮質ホルモンという、体内でホルモンを分泌させる物質を刺激します。よって、生理前や生理中におこる女性の体の不調を緩和します。
なお、妊娠中の方にはホルモン調整作用があるゼラニウムをお勧めできません。ご注意ください。

「香り」や「効能」から見ると、女性向きのアロマと言えるでしょう。

ゼラニウムの使い方

ゼラニウムの使い方は、お風呂の「お湯」の中にゼラニウムの精油を数滴入れて、ゆったりと入浴する方法があります。入浴の際、半身欲や簡単なマッサージをしても良いでしょう。

また普段の生活でも、ゼラニウムを活用してみましょう。ゼラニウム入りの化粧水や香水なども販売されています。また、石鹸の原料として、ゼラニウムが使われていることもあります。
これらの製品を普段から使ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました