元々は地下水だった、ミネラルウォーター

地下水と言えるミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、どのような水のことを言うのでしょうか。
元々は地下水であり、

原水の成分に対して調整を行なっていない水を、ナチュラル・ミネラルウォーター
湧き水

地下から湧き出た水

と呼んでいます。そのままの水ということです。

日本では健康のためということで、水道水よりも美味しい水が求められるようになりました。メーカーが「その要求」に対応して、現在容器に入れて販売しているようなミネラルウォーターが、登場しました。

先ほど健康のためと言いましたが、多くの人は「自然の水・大自然の恵み」というイメージで、ミネラルウォーターを飲んでいるようです。

美味しい水

「ペットボトル入り」のミネラルウォーターが発売された当初、日本の水道水はすでに結構綺麗でした。だから、わざわざ「お金」を払ってまで水を買う人は、そんなにいないだろうと思われていました。

ですが現在、ミネラルウォーターを購入することは、ごく普通のことになっています。その理由の一つは、やはり市販のミネラルウォーターのほうが「美味しくて安全な水」であると認識されているからでしょう。特に喉が渇いている時にミネラルウォーターを飲むと、「水の美味しさ」を実感できると言われています。

あと、やはり水は体の中に入れる物なので、人の健康と深い関係がある飲み物と思われています。ミネラルが豊富に入っている天然水と言われたら、健康意識の高い人は「お金」を払ってでも、そのような水を買うと思います。

個人的には、水道水の水は安全性に重大な問題はないと思っています。だけど、水道水とミネラルウォーターのどちらか好きなほうを選んでも良いと言われたら、ミネラルウォーターを選ぶと思います。

以前ミネラルウォーターを使って、コーヒーを入れたことがありました。気のせいかもしれませんが、いつもよりも、ちょっとだけコーヒーが美味しかったです
日常の食生活では手間や費用を考慮して、ミネラルウォーターと水道水を使い分けると良いでしょう。

成分調整された水もあります

もしも、ある目的でミネラルウォーターを飲もうと思っているなら、その目的を達成するミネラルウォーターを選ぶ必要があります。ミネラルウォーターの成分がどんな物か?知っておくことが大切です。

市販されているミネラルウォーターは、その多くの物が成分調整されています
基本的な成分としては、

ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウム

があります。
ペットボトルのラベルを見るとわかるので、読んで確認しておきましょう。

その成分は、汲み上げた地下水の場所によって大きく違います。そして「その成分」によって、硬度も違います。水は毎日飲む物なので、どんな成分か?いま一度知っておきましょう。

ミネラルウォーター製造機

天然の鉱石を用いて、健康に良いとされる水を作る機械があります。ミネラルウォーター製造機です。天然の鉱石は健康アクセサリーだけでなくて、ミネラルウォーターを作る際にも活用されています。

ミネラルウォーター製造機に水道水を入れると、天然の鉱石を使用したフィルターを通って水が出てきます。「この仕組み」は、大まかに言うと自然界でミネラルウォーターが作られる仕組み、と言えるでしょう。製造機の中で、自然の「地下水の流れ」を作り出していることになります。

ただし念のため言うと、製造機で作った水は、厳密な意味でミネラルウォーターとは呼べません。しかし健康維持に対する効果は、ほとんど同じとされています。
普段からペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいるなら、思い切ってミネラルウォーターの製造機を購入してもいいかもしれません。自宅でミネラルウォーターを作れるからです。

※ミネラルウォーター製造機は、家庭用の機械は少ないようです。製造機は、業務用として販売されている物なのかもしれません。
家庭用では生成器という名称で、小型の機器が販売されていました(2016年当時)。