幸福感を得られる、アロマのイランイランを使いましょう

イランイラン

イランイランイランイランとは、ラベンダーと同様に多くのアロマテラピー愛用者に使用されている精油です。

イランイランは、「花の中の花」という意味を持っています。まるでダジャレのような名前ですが、覚えやすいでしょう。

エキゾチックな香り

その「香り」は、「好き嫌い」がハッキリ分かれる「香り」だと言われています。
好きな人にとっては「華やかな香り」であり、病みつきになるような「心地良い香り」です。
ただし「とても強い香り」なので、注意して使う必要があります。

このイランイランの花から作られたアロマオイルは「濃厚な香り」を持っていて、その印象はとてもエキゾチックです。
イランイランのアロマオイルは、その花が持っている「格調高い香り」をしっかりと受け継いでいる、と言えるでしょう。

期待できる効果

日常のストレスやイライラを沈めてくれる鎮痛作用があります。
「イライラする気持ち」は、誰に対しても起こります。家庭や職場などで、ちょっとしたイライラは毎日起こると言えます。そんな時に、この「香り」を嗅ぐと落ち着くでしょう。

その他には、アドレナリンを抑制する効果や、ホルモンバランスを整えてくれる効果もあります。ちなみにアドレナリンは、興奮した時に分泌されるホルモンです

あと、「不安」や「怒り」などを和らげて緊張感をほぐしてくれます。仕事などでストレスを抱えやすい人が使うと、良いでしょう。
そして「不安」や「怒り」を抑えることより、抗うつ効果もあるとされています。イランイランは、「楽しい気持ち」にさせてくれる効果を期待できるアロマと言えます。

イランイランのアロマの効果は、人の心に影響を与えます。まず、リラックスさせる効果があります。そして幸福感を得られるそうです。

他には、皮脂分泌のバランスを取る収れん作用(皮脂が過剰に分泌されることを抑える働き)もあります。なので、脂性肌の毛髪や頭部のケアにも多く用いられています。

催淫

イランイランというアロマオイルの「香り」は、甘くてゴージャスです。まるで東南アジアをイメージさせるような「エキゾチックな香り」です。

実はイランイランには催淫効果がある、と言われています。
外国の「ある国」では新婚さんのベッドに、この「イランイランの花びら」を散らす習慣があるということです。
「甘い香り」の魅力に負けず、その見た目も美しいです。実は花自体も、とても美しい花です。

日常での使い方

イランイランの使い方としては、芳香浴やアロマバス、マッサージなどが良いでしょう。鎮痛作用があるので、「イランイランの香り」がする「お風呂」に入って、「疲れ」を取るなんてのも良いです。

仕事や家事などで「ストレス」や「疲れ」が溜まっている人に、イランイランでマッサージしてあげると、きっと喜ばれるでしょう。