リラックスできる香り、ミカン科・オレンジスイートの精油

ミカン科の精油

アロマオイルを作る際、果皮を圧搾して採油しています。そういうことより、ミカン科の植物の皮に含まれている「香り」は、アロマオイルと言えるでしょう。
ただし「ミカン科の香り」と言っても、それぞれに違いがあります。例えばオレンジスイートのオイルは「甘い香り」がしますが、同じ柑橘系のグレープフルーツは「やや苦味があるような香り」です。少し大人の「香り」がします。

ミカン科の植物では、グレープフルーツが有名でしょう。実が枝になる際、「ぶどう」のような房状でなることから「グレープ」のフルーツと呼ばれています。「苦味」と「甘さ」のバランスが、「良い味わい」を持っています。
グレープフルーツの原産地は、アジアです。しかし現在では、主にアメリカで栽培されていると聞きます。

ミカン科の精油に含まれている成分については、例えばミカン科のレモンなどは、リモネン・シトラールなどの成分があります。
その効果には、消化器系や中枢神経系を機能亢進(こうしん)する作用(高ぶらせる作用)があります。他にも集中ができたり、抗菌作用やリフレッシュ作用などもあるそうです。

ミカン科のオレンジスイート

オレンジミカン科のオレンジスイートは、「馴染みがあるオレンジの香り」を持っています。「清々しい香り」なので、好まれて使われています。よって、ミカン科のオレンジスイートを好きな人が多い、と思います。

そして精油のオレンジスイートも、「万人に好かれる香り」として有名です。大人・子供問わず、この「香り」を好きな人は多いです。

「オレンジスイートの香り」は心をリラックスさせて、楽しくさせてくれると思います。

オレンジの果皮を圧搾して、精油を取り出した物の「香り」なので、多くの人に馴染みの深い匂いと言えるでしょう。

この「香り」には、集中作用やリラックス効果などがあるそうです。勉強に集中したい人や落ち着きたい人に、おすすめです。
リラックスとリフレッシュをもたらして、心を明るくしてくれるという効果も期待できます。
その他にも、心理的な事が原因の胃痛のような症状にも良いと言われています。