肌に良いと言われている、ビタミンCを取りましょう

美肌に良いビタミンC

例えば、肌のシミを改善する方法としては、ビタミンCを摂取することがシミの改善に有効だと言われています。日常生活において、サプリメントなどでも良いので、ビタミンCを摂取するように心掛けましょう。

ビタミンEも摂取しましょう

美肌に良いとされているビタミンCは、ビタミンEと併せて摂取すると効果的です
ビタミンEは血液の循環を良くして、「肌に潤いを与える働き」を期待できます。そして「新陳代謝を高める働き」や「女性ホルモンを活発にする働き」もあります。

ビタミンEを多く含む食材には、ゴマやアーモンドなどのナッツ類があります。美味しくて食べやすい食材ですが、カロリーは高いです。なので、食べ過ぎないように注意しましょう。

その他のビタミンEを多く含む食材としては、「かぼちゃ」や「アボガド」、「うなぎ・たらこ・あじ」などがあります。

また、大豆はビタミンEと良質なタンパク質を多く含んでいる食材です。美肌を目指している人に、おすすめの食材と言えます。

「ブロッコリー」や「じゃがいも」のサラダを食べる際、ツナやナッツ類を加えると美容に良いサラダになります。「ブロッコリー」や「じゃがいも」は、ビタミンCを多く含んでいます。これらにビタミンEを含む食材を加えると、美容に良い料理となります。

保湿も大事です

なお、肌の色を白くするためには保湿が重要です。顔において保湿の足りない肌は、くすんで見えます。色が、やや黒く見えてしまいます。
この「黒さ」は、「日焼け」などの「健康的な黒さ」ではありません。肌の中から湧き出るような、どちらかと言うと「不健康な黒さ」になります。血行不良の場合の「黒さ」と、似ているでしょう。

健康的な肌になるためには、十分な保湿と血行を良くすることが大切と言えます。

不足しがちなビタミンC

美肌に欠かせないビタミンCですが、特にストレスが多い人では不足しがちです。なぜなら、副腎皮質ホルモンの分泌が高まるからです。

そして喫煙も、ビタミンCを消費します。1本喫煙するごとに約25mg失われます。この量は、人の1日における必要なビタミンCの約半分に相当します。よって喫煙する事は、肌にとっては、あまり良いとは言えません。

ビタミンCはメラニン色素の発生を抑制して、コラーゲンの生成に役立ちます。ビタミンCが不足すると、「肌荒れ」だけでなくて「シミ・そばかす」の原因になります。

ビタミンCは、果物や野菜に多く含まれています。毎日の食事から、ビタミンCを補いましょう。

ビタミンCの取り方

もしもアンチエイジングを始める前に、保湿・美白化粧品を使ってスキンケアをする場合、ビタミンCを積極的に摂取しましょう。

食品からでもいいですし、化粧品からでもいいです。美容専門の皮膚科などで、ビタミンCを処方してもらうこともできます。

また、お風呂の塩素を中和するために、ビタミンCを入浴剤として利用できます。入浴剤の中には、肌の保湿に良い成分が配合された物もあります。お風呂で美肌になれるのなら、嬉しいです。

食品

ビタミンC

出来るならサプリメントよりも、まずは自然の食材からビタミンCを取りましょう。ビタミンCを多く含む食材には、どのような物があるでしょう。

まずは、キウイフルーツです。1個で、ビタミンCを約69mgも含んでいます。
その他には、「レモン・グレープフルーツ・みかん・いちご」という果物や、「ブロッコリー・キャベツ・ピーマン・かぶ・大根・じゃがいも・さつまいも」という野菜に、多く含まれています。

化粧品

化粧水からも、ビタミンCを摂取できます。水溶性のビタミンC誘導体が入っている化粧水を、使ってみましょう。
また、ビタミンC(ビタミンC誘導体)は、美白にも関係がある成分です。その点でも、押さえておきたい成分と言えます。

果物やサプリメントによって体内に摂取すると同時に、体外からもビタミンCを含んだスキンケア製品を塗ると、さらに効果的です。
すぐに改善されることはありませんが、継続してビタミンCを摂取することで改善できた事例はあります。途中で諦めずに、美肌になるためにビタミンCを取り続けましょう。