見た目が悪くて悩む、大人ニキビを予防する方法

見た目が「かっこ悪い」大人ニキビ

思春期のニキビは、皮脂の分泌が活発になることによって起こります。その多くは、顔にできます。
ニキビは青春のシンボルと言われていますが、その思春期を過ぎて、大人になってからできるニキビがあります。これは成人してからできる大人ニキビという物です。

大人ニキビの場合は、顔だけでなく、背中にも出てくることがあります。30代・40代の人が、このような大人ニキビに悩んでいるそうです。
吹き出物やニキビは、肌トラブルの中でも気になる物と言えます。皮膚科を受診している人もいます。

大人ニキビの原因

大人ニキビの発症には、次のような要因が考えられます。

  • ストレス。
  • 睡眠不足。
  • 全身の疲労。
  • 食生活の乱れ。
  • 生活リズムの乱れ。
  • 肌に合わない化粧品。
  • メイクの回数が多い。
  • 間違ったスキンケア。
  • 手や髪が、慢性的に皮膚に刺激を与えている。
  • 紫外線。
  • タバコ。

これらの要因が複雑に絡み合って、ニキビができるようです。そしてアクネ菌が繁殖することで、炎症を起こしてしまいます。
大人ニキビの場合も、毛穴がふさがって、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことで起こります。しかし単純に、皮脂の分泌量が増えたからとは言えません。他にも原因があることが多いです。

乾燥肌

一般的にニキビと言えば、オイリー肌の人の皮脂が過剰に分泌して、そこに細菌が繁殖して白い湿疹が出来ている状態を想像したりします。

しかし大人ニキビの原因としては、乾燥肌が原因である事が多いそうです。
乾燥肌では、皮脂の分泌量と水分量のバランスが取れていない状態になっています。
肌が乾燥して角質層の水分が少なくなってしまうと、肌が再生するサイクル(ターンオーバー)が遅くなってゆきます。

正常にターンオーバーが行なわれなくなってくると、肌の角質が少し厚くなってしまいます。
角質が厚くなると、毛穴が小さく、そして細くなってゆきます。
そうなると、剥がれ落ちた角質などの老廃物が、細くなった毛穴に溜まります。さらに、そこにアクネ菌などの細菌がつくと、ニキビができてしまいます。

乾燥肌の人・オイリー肌の人、どちらの肌の人も、ニキビの原因は「毛穴の詰まり」によるものです。
ドライスキンの人のニキビについては、正しいスキンケアで乾燥を防ぐことで、かなり改善できます。

活性酸素

大人のニキビは、皮脂の分泌が過剰になったことが「きっかけ」で発症すると言えます。そして、活性酸素が原因の病気とも言えるでしょう。

皮脂の過剰な分泌により、毛穴が詰まってしまいます。それを防ごうと、細胞はリパーゼという酵素を生産して、皮脂を遊離脂肪酸という酸に分解します。

しかし遊離脂肪酸が持つ毒性のために、皮膚が破壊されてしまいます。そして遊離脂肪酸が皮膚に存在するリンパ球を活性化する事で、活性酸素を作ってしまいます
この活性酸素は皮膚を刺激する物であり、その刺激によって皮膚が炎症を起こし、赤ニキビへと悪化させる原因となります。

遊離脂肪酸や活性酸素という、ちょっと難しい名前が出てきましたが、大人ニキビができる要因は様々あるという事を知っていただけたら、と思います。

皮脂の分泌を抑えて活性酸素を消すのに有効な成分には、ビタミンCやフルーツ酸、油溶性甘草エキスなどがあります。
また、ビタミンB群もストレスに負けないように神経細胞を活性化させるので、ニキビに有効です。

以上の成分は、効き目は穏やかです。なので、じっくりと体質を整えるつもりで摂取してゆくと良いでしょう。

ストレス

大人ニキビが気になる女性「日々の疲れ」によって免疫力が低下していたり、ターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなったりなど、大人ニキビができる原因は多く見られます。

いくつかある大人ニキビの原因の一つに、ストレスがあります。
現代の働く社会人には、仕事のことでストレスを受ける場合がたくさんあります。緊張の連続で、アドレナリンが出っぱなしという人が増えている、と思います。

大人の女性が発症するニキビについては、皮脂の分泌過剰だけが原因ではないようです。食生活や体質・加齢、仕事や人間関係のストレスも、ニキビの要因となっています。

特に仕事人間関係によるストレスは、「ホルモンバランスの乱れ」に繋がります。そして男性ホルモンの値が上がり、皮脂の過剰な分泌に繋がります。

大人ニキビを作らないようにするためには、普段からストレスを溜めないように、適切に発散させる方法を身につけなければなりません。

ストレスを管理することは、大人ニキビを予防するために、そして悪化させないために必要な事と言えます。
例えば栄養のバランスを考えて、美味しい食材を食べるようにしましょう。このように毎日の生活をより良くすることは、ストレスに負けない体を作ることに役立ちます。

大人ニキビの予防法

ストレス対策

大人ニキビを予防するために、ストレスを管理することが大切です。
ストレスは「肌荒れ」の原因となり、ニキビができることにも繋がります。ストレスが溜まると、ホルモンのバランスが崩れてきます。そうなると皮脂の分泌量が乱れるので、肌に悪い影響を与えます。

ストレスの感じ方は、人それぞれとなります。多くの場合は、仕事における人間関係や子育ての不安、日常生活での不満や怒りなどが、精神的ストレスの原因となっているようです。

参考に、要因によってストレスを分類したものを、以下に書きます。

  1. 環境的な要因:暑い・寒い・不快な騒音・睡眠不足など。
  2. 精神的な要因:怒り・不安・心配・悲しみ・緊張など。
  3. 社会的な要因:職場環境や家庭環境など。

アロマテラピー

普段の生活の中でできる工夫として、アロマテラピーなどの「香り」を使ってストレス対策できます。
部屋で「香り」をたいたり、入浴時に好きなアロマオイルを垂らしてみたりすると良いでしょう。

部屋で「香り」を楽しむには、好きなオイルを1,2滴ティッシュに垂らして、就寝する時、それを枕元に置いてみましょう。すでにアロマポットを「お持ちの方」は、それを使ってください。

お風呂で「香り」を楽しむには、3滴から5滴のオイルを「お湯」に入れます。これでアロマバスを楽しめます。なおオイルを入れてから、よくかき混ぜてください。
このようにして「好きな香り」を楽しめば、きっと「気持ち」が癒されると思います。

運動

その他の工夫には、適度な運動を生活の中に取り入れることです。
ぐっすりと眠るためにも、運動して体を適度に疲れさせておくと良いです。眠れないと、気が滅入ってしまいストレスになることもあります。

ストレスを管理して、「ニキビを予防しようという気持ち」を大切にしてください。

ニキビケアの化粧品

大人ニキビで悩む女性

ニキビケアのスキンケア化粧品は、その他の化粧品と同じように色々な種類・色々なメーカーの物があります。
エイジングケア製品を作っている国内大手化粧品メーカーからも、ニキビなどの「肌荒れ」をケアするための化粧品が発売されています。

なお、大人ニキビができている肌では、あまり強い刺激を与えてしまうと症状が悪化する可能性があります。なので、出来ればガシガシと強い力で洗わないようにしてください。洗顔料をしっかりと泡立てて、その泡で「肌を包み込むような感じ」で撫でるように洗うと良いでしょう。

もしも大人ニキビ用の洗顔料やクレンジングを使うなら、その使い方にも注意をすると、より効果を得られます。

ちなみに化粧品を選ぶ際は、合成添加物が配合されていない物を選びましょう。合成添加物は、大人ニキビの症状を悪化させる原因になってしまう可能性があるからです。
もしも合成添加物が配合されている化粧品を使う場合は、少しでも配合量が少ない物を選ぶ様にしましょう。

あと、洗顔をする際は、強く洗ってはいけません。刺激を与えないように、撫でるように洗いましょう。

体調を整えて、大人ニキビを予防しましょう

大人ニキビを作らない、大人ニキビを進行させないためには、洗顔・保湿などの毛穴を詰まらせないためのケアが必要です。薬による炎症を抑える治療を行ない、ホルモンのバランスを整える必要があります。

そのためには、毎日の生活習慣を見直して体調を整えることが大切になります。毛穴の炎症を抑えるだけでは駄目です。根本的にニキビを治療するには、ニキビができる原因を見つけて、解決する必要があります。

もしも食生活によって大人ニキビを予防したい場合は、ビタミンB類を積極的に摂取してみましょう。例えば「牛乳」や「しじみ」「ウナギ」などには皮脂分泌を抑えて、「毛穴を清潔に保つ働き」があります。「レバー」や「鮭」「じゃがいも」には、「皮脂の炎症を抑える働き」があります。
普段の食事で、このような食品を食べるようにしてください。