抜け毛の悩みを解決する方法

抜け毛の悩み・体験談

抜け毛に悩む女性30代の専業主婦の方の抜け毛に関する体験談を、ご紹介したいと思います。

この方は子供を出産した後で、髪の毛が抜け出したそうです。頭頂の部分が薄くなっていったそうです。
人に言える悩みじゃないことより、相当悩んだようです。ですが出産から2年経った時、元の様に戻ったそうです。

なぜ元通りになったのか、はっきりとした理由はわからないということです。だけど一つわかることは、

抜け毛を気にしていると、抜け毛が止まらなかった

ということです。やはり精神的な事が、髪の毛に悪い影響を与える場合があるようです。

鏡ばかり見る事を止めた
その事が、良かった様な気がする」
 

後から振り返ると、そう思えたということです。
抜け毛を気にしない事は難しい事ですが、出来るだけ気にしないようにしてみましょう。趣味の時間など、何かに熱中している時間を作れば、「髪の悩み」を忘れられるかもしれません。
なお、症状がひどい場合は、病院に行って相談しましょう。

抜け毛の悩み・解決法

医学的な治療

「抜け毛や薄毛の悩み」では、「深刻な悩み」を抱えている人が増えていると聞きました。近年では抜け毛や薄毛が、医学的な治療対象となる場合もあるそうです。

髪の毛の脱毛については、「一時的脱毛」や「進行する脱毛」があります。
「一時的脱毛」では、血流障害(ストレスやダイエット、偏った食生活による血流障害)、病気、薬の影響などが原因と考えられます。
「進行する脱毛」では、加齢や男性型脱毛症が原因と考えられます。

どちらの脱毛の場合も、深刻な場合は「医学的な治療の助け」を借りる事になるでしょう。
治療方法としては、発毛治療や植毛治療があります。発毛治療では、薬剤の経口投与、外用薬の塗布などを行ないます。植毛治療では、人工毛髪の移植などを行ないます。

髪のトラブルで医学的治療と聞くと、大げさだと思うかもしれません。ですが本人にとって「悩み」が深刻な場合、医学的治療は有効な選択肢となります。

育毛のためのヘアケア

日本人は外国人に比べて、抜け毛や薄毛をコンプレックスに思う傾向が強いという意見があります。「個人的な悩み」なので一概に言えませんが、外国の人のほうが薄毛に対して「オープンな感じ」がします。

日本では世間からのプレッシャーが、強すぎるかもしれません。抜け毛・薄毛は「とても恥ずかしい事」であると、世間が作り上げている気がします。

もちろん、「抜け毛・薄毛の悩み」を軽減させるために、育毛のヘアケアをする事は悪いことではありません。今の自分を変えたいと一歩踏み出しているなら、それは前進していると言えます。

育毛のヘアケアは、コンプレックスに立ち向かう一つの手段と言えます。

ですが、抜け毛・薄毛も見方を変えると個性と言える点を、頭の片隅に覚えておいてください。必要以上に(自分を追い詰めるくらいに)、薄毛でコンプレックスを感じる必要はないです。

発毛促進剤

洗髪後、発毛促進剤を使うと抜け毛を減らせる場合があります。頭皮の環境を改善して毛髪を力強く育てることより、抜けにくくする効果を期待できます。

発毛促進剤の使い方は、洗髪後に水分を拭き取った後、直接滴下します。そして指の腹でマッサージします。

効果については、やはり個人差があります。なので2ヶ月から6ヶ月ほど、使い続けてみましょう。もしも抜け毛が減って髪のハリやコシが出てきたら、見た目が大きく変わった事に気づくでしょう。

ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム