抜け毛の予防を期待できるツボ

 

ヘアケアの一つ・頭皮マッサージ

「髪の悩み」には、様々なことがあります。その中で、抜け毛や薄毛に悩んでいる人は多いでしょう。

ところで基本的なヘアケアと言えば、「シャンプー」や「頭皮マッサージ」「ツボ押し」などが挙げられます。抜け毛や薄毛に悩んでいる人は、正しい方法でしっかりと、このようなヘアケアを行なってみましょう。

頭をマッサージすることは、頭皮の血流を良くするために良いことです。

頭をマッサージマッサージなら、自宅で手軽に行なえます。ぜひ、やってみましょう。

なお、マッサージを行なう前に、まずは爪のチェックをしておきましょう。もしも爪で頭皮を傷つけてしまうと、髪に対して悪影響を与えてしまいます。なので、爪を短く切っておきましょう。

抜け毛の予防を期待できる「ツボ押し」

ある程度マッサージに慣れてきたら、抜け毛の予防に効くと言われている「ツボ押し」をしてみましょう。マッサージしながら「ツボ押し」をすれば、より効果的に頭皮の血行を促進できます。

百会

抜け毛の予防に良いツボとして、百会(ひゃくえ)があります。
百会は、頭の「てっぺん」にあるツボです。その場所は、両耳にそれぞれの親指を入れて、「手のひら」を広げて頭全体をつかみます。その時、中指が交わる部分が百会のツボです。

指の腹を当てて、その部分を気持ち良い程度に押しましょう。5回くらい押してください。

「百」には、多種多様という意味があります。「会」には、交わるという意味があります。つまり、様々な効果があるツボと言えます。
抜け毛予防の他には、不眠や自律神経失調症、頭痛や痔などの改善にも効果を期待できます。

天柱

天柱(てんちゅう)とは抜け毛の予防を始め、「頭痛」や「肩こり」の軽減という効果を期待できるツボです。

ツボの場所は、次の2つの線「首の後ろの髪の生え際」と「背中の中心線」が交わる点から、少し上のほうに上がった所です。

ツボの刺激の仕方は、親指をツボに当てて、残りの指で頭を包み込むようにして、ツボを刺激します。

頭のツボ

頭のツボ:百会(ひゃくえ)・天柱(てんちゅう)

神庭

神庭(しんてい)とは、「前髪の生え際辺り」にあるツボです。眉間の中心から上に向かって、4本指と小指1本分の幅ほど移動した「辺り」にあるツボです。

抜け毛の予防を始め、「肩こり」や「頭痛」「自律神経失調症の改善」という効果を期待できます。

ツボ押しの「やり方」ですが、爪や指先、爪楊枝などの細い物を使って、まるで叩くような感じで押してゆきましょう。5秒から10秒ほど、行ないます。

横顔のツボ

横顔のツボ:神庭(しんてい)