栄養を摂取して「痛み」を軽減したいなら、関節痛サプリメント

関節痛サプリメント

関節痛を和らげるサプリメントが販売されています。テレビや雑誌・店頭などで、

「膝の痛みが消えた」
「これで腰痛とサヨナラできます」
 

などと、宣伝されています。今、関節痛に「お悩みの方」は、ちょっと気になるサプリメントだと思います。

それでは、関節痛に効くと言われているサプリメントには、どのような物があるのでしょうか?
ヒアルロン酸やグルコサミン、カルシウム・コンドロイチン・ビタミンなど、たくさんあるようです。ですが実際のところ、どれを飲めば良いのか、迷うことでしょう。

グルコサミン

加齢とともに、膝の関節が痛くなってしまう人がいます。このような人に、グルコサミンという成分が「おすすめ」です。

グルコサミンについては、歳を重ねるとともに体の中で作られなくなってゆきます。グルコサミンを生成する力が、衰えてゆくからです。
50代から60代になると、変形性関節症と呼ばれる症状が出てきます。関節部分の軟骨が、すり減った状態になるのです。症状には個人差がありますが、どなたでもかかる病気と言えます。

この症状を改善する方法の一つに、グルコサミンをサプリメントで摂取する方法があります。

ずっと継続してグルコサミンを服用することで、「関節の痛み」を軽減できるでしょう。

ちなみに通常の食べ物には、グルコサミンはほとんどありません。よく見かける食品では、カニやエビの外殻に含まれています。ですが毎日続けて、カニやエビを食べる事は少ないでしょう。なのでグルコサミンは、普段の食事から取りにくい成分と言えます。

コンドロイチン

私事ですが2,3年くらい前から、膝が「ちょっと痛い」です。特に階段を昇る際、「痛み」を感じます。
膝に限らず、「関節の痛み」で悩んでいる方が多いと聞きました。症状が「ひどい場合」は、専門医に診てもらう必要があります。私生活では、栄養の摂取より関節痛の軽減を試みる事もできます。

例えばコンドロイチンという栄養は、「関節の痛み」に効くと宣伝されていたりします。コンドロイチンのサプリメントのコマーシャルで、聞いた事がある人も多いでしょう。

一般的にコンドロイチンと呼ばれている物は、正式には「コンドロイチン硫酸」という物で、ムコ多糖類と呼ばれる物の一種です。人体では、特に軟骨の部分に多く存在している物だそうです。関節痛に「お悩み」なら、ちょっと覚えておくと良いでしょう。

コンドロイチンは、医療において関節痛や腰痛を緩和するために用いられている成分です。

その作用には、関節や腱、靭帯における弾力の維持、動作を滑らかにするという作用があります。もしも体内でコンドロイチンが不足すると、関節痛が出て来るようになります。

そんなコンドロイチンは医療分野のみならず、美容においても利用されるようになってきています。その理由は、コンドロイチンが体の組織に対して弾力性を出したり、水分を保持したりする作用があるからです。つまり美容的に、体に「ハリと潤い」をもたらしてくれると期待できるからです。

美容サプリメントでは、すでにコンドロイチンが利用されています。今後美容の分野でも、活躍が期待されている成分となっています。

治療するなら医師に診てもらいましょう

しっかりと治療したい場合は、やはり医師に相談してください。
ある医師は、

「普通の食品のサプリを飲んで関節痛が治るなら、きっと病院で処方するようになるはず」
 

膝関節が痛い男性と指摘しています。
普通のサプリメント(医薬品ではないサプリ)を飲むだけで、関節痛が完治すると期待していた人には、ちょっと「がっかりする指摘」かもしれません。

市販の関節痛サプリメントについては、医師の治療や薬剤などで補えない部分を付け足す物という考えが良い、と思います。あくまでも脇役であり、付録のような物という考え方が良いでしょう。

実際に関節痛のサプリメントを飲んで、関節痛が和らいだ方もいるでしょう。そして残念ながら、効果を実感できなかった方もいるでしょう。個人差は、当然あると思います。

なお、自分の症状を理解しつつ、サプリメントに興味を持って服用することは、とても自然なことです。ぜひサプリを活用してください。

ただしサプリメントと医薬品を併用する場合、注意すべき点もあります。自分が飲んでいる薬とあわせて服用しても大丈夫かどうか、医師や薬剤師に相談してください。

「膝の痛み」や「腰痛」という「関節の痛み」は、日常生活を送る際に障害になると言えます。完治するその日まで、諦めずに治療してゆきましょう。