低カロリーだから食べて痩せられる食材・こんにゃく

ダイエットに活用したい「こんにゃく」

こんにゃく「こんにゃく」は、カロリーを抑える必要があるダイエットに「おすすめの食材」です。

「こんにゃく」は、100g当たり約5キロカロリーということです。ほとんどカロリーゼロと言って良い、低カロリーな食材と言えます。なので食べると、肥満の防止に繋がる可能性が高いです。

仮に料理の食材の3割で「こんにゃく」を使った場合、約3割のカロリーを減らせると期待できます。
量が増えて、味は変わらない、そしてカロリーをカットできます。ダイエットに向いている食材と言えます。

また、「こんにゃく」を食べることで、「こんにゃく」に含まれているグルコマンナンという食物繊維が胃の中で膨れます。例えば、通常の食事の前に「水」と「こんにゃく」を一緒に食べると、満腹感を得られます。よって、通常の食事の量を抑えられるでしょう。
なお、食物繊維は、体外に不要な物を排出してくれるという効果(便秘の解消)も期待できます。

以上の事より、「こんにゃく」はダイエットの味方になってくれる食べ物と言えます。
そして「こんにゃく」は、どこでも手に入れやすい食材です。値段も安いです。なので「こんにゃく」を用いたダイエットを続けやすい、と思います。ぜひ試してみましょう。

あと、「こんにゃく」は、確かに低カロリーなので食べても太りません。ですが「食べ過ぎ」は、良くないです。
健康的にダイエットするために栄養のバランスを考えて、「こんにゃく」を使ってダイエットしてゆく必要があります。

独特のニオイ

「こんにゃく」には、独特のクセやニオイがあります。ダイエット食品として食べ続けるには、どうやって料理に取り入れてたら良いか、考える必要があるでしょう。

例えば「糸こんにゃく」を使ってみたり、「板こんにゃく」を使ってみたりしてみましょう。
なお、「こんにゃく」の独特の風味は、「こんにゃく」を料理の3割以上入れてしまうことで、味に影響が出てきます。「こんにゃく」の量を調整して、料理の具材として使いましょう。

こんにゃくダイエット

「こんにゃく」を活用したダイエットについて、お話したいと思います。

こんにゃくダイエットとは、脂肪が体内に吸収されることを抑制して、食物繊維によって食欲を抑えるというダイエットです。

主成分であるグルコマンナンが、食べ物から摂取された脂肪やコレステロールが体内に吸収されることを抑制します。
グルコマンナンという食物繊維が「お腹の中」で膨らみ、それによって食欲を抑えることができます。

「こんにゃく」でダイエットすると、以下のような効果を期待できます。

  • 肥満の解消。
  • コレステロール値を正常にする事。
  • 便秘の解消。

ダイエットで使う「こんにゃく」については、普通の「板こんにゃく」で良いです。
もしも調理することが面倒だと思う時は、市販品で「こんにゃくゼリー」や「こんにゃく」の「ラーメン」や「うどん」などが発売されています。これらを使えば、手間を省けるでしょう。

なお、「こんにゃく」だけを食べるという単品ダイエットは止めましょう。栄養のバランスが崩れてしまうからです。通常の食事も、きちんと取るようにしてください。

こんにゃく・ご飯

「こんにゃく」を活用した料理の一つに「こんにゃく・ご飯」という物があります。
こんにゃく・ご飯とは、

白米と一緒に「こんにゃくの粒(こんにゃく米)」を炊き込んだ物です。
例:米2合に1袋の「粒こんにゃく」を混ぜて、炊き込んだ物。

こんにゃく・ご飯は、「白米の食べ過ぎ」を防ぐのに役立つでしょう。「こんにゃく」も弾力があるので、食感は問題ないようです。

こんにゃく・ご飯なら、いつもと同じ「ご飯の量」でも白米の量を減らせます。このように主食を工夫すれば、食事の血糖値をコントロールすることも可能でしょう。

なお、白米には、たくさんのタンパク質が含まれています。タンパク質は、重要な栄養素です。血や肉、細胞を作っている栄養素です。よって「味噌汁」や「おかず」と一緒に、白米をきちんと摂取することは、ダイエット中でも「とても大切な事」と言えます。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム