健康のための食事法・マクロビオティック

マクロビオティック

マクロビオティック食を中心とした健康法の中に、マクロビオティックという方法があります。マクロビオティックとは、玄米などの全粒穀物と野菜や果物、豆類や海草を中心とした食事法のことです。肉や乳製品をほとんど使用しません。

このマクロビオティックという言葉については、普段の会話であまり聞くことがない言葉だと思います。日本語で言うと「長寿法」という意味になります。
この健康法を作った人は、日本人の桜井如一(さくらざわ ゆきかず)さんです。第二次世界大戦後において、食事療法または食生活法として知られた方法です。その内容は、食を中心とした健康法の中でも、かなり突き詰めた内容だそうです。
ヨーロッパにおいても、同じような内容の健康法が普及しているそうです。世界的な健康法になっていると言えます。

この健康法は、健康や美容にとても効果があるとして、テレビや雑誌などで数多く紹介されています。モデルやアーティスト、俳優などを始め、様々なジャンルで活躍する人たちが実践していることでも有名な食事法です。
健康に対する関心が高い人なら、一度はその内容を理解しておくと良いです。自分の食生活を改善するヒントが、見つかるかもしれません。

食事の仕方

マクロビオティックでは、玄米と野菜だけを食べれば良いという訳ではありません。「食材の組み合わせ」や「調理法のバランス」が、決められています。なので、それに基づいて調理を行なう必要があります。

食事の仕方によって健康を考えるマクロビオティックでは、野菜は主食の次に食べる食品とされています。そして理想的には、様々な野菜を食べるのが良いとされているそうです。
あと食べる際は、出来るだけ丸ごと食べます。「葉っぱ」や「皮」も可能な限りいただきます。おすすめの野菜料理としては、温野菜サラダがあります。野菜を茹でたり蒸したりしていただく食べ方です。

なお、マクロビオティックでは東洋の陰陽論を考慮しており、温帯地域に住んでいる日本人が熱帯地域を原産とする野菜(食品)を食べないほうが良い、とされています。
原産が熱帯地域である野菜としては、「トマト」や「なす」、「アスパラガス」や「じゃがいも」などがあります。これらは日本人に馴染みのある野菜ですが、マクロビオティックでは「おすすめされていない」ようです。だけど実際に食べる・食べないについては、個人の判断に任せることになるでしょう。もしも周りにマクロビオティックに詳しい方がいるなら、相談してみましょう。

健康維持に大切な「食事の仕方」

健康の維持においては、食事の仕方や心の持ち方が大事と言えます。
健康に良い食事法と言われるものは多数あります。それらの方法において共通している点に、睡眠の前後約5時間位の間何も食べないようにするという点があります。

その理由の一つとして、空腹の場合、内臓が消化作業を休むことができて、体内の老廃物の排泄に集中できるからだそうです。夜眠る際、空腹の状態で眠ると体の中の老廃物をかき集めることができて、朝起きてしばらく空腹の状態を保っておくと、先程かき集めた老廃物を便として排出させやすいそうなのです。

健康維持と食事においては、体に良い栄養を取り入れるという内臓を働かせることに注目しがちですが、内臓を休ませることも健康維持に大切と言えます。体に良い食品を食べるとともに、内臓を休ませるために食べないことにも気を使いましょう。

マクロビオティックという食事法を行なう場合では、まずはマクロビオティックが推奨する食事の仕方をすると良いです。そして参考程度に、内臓を休ませるようにすると良いように思いました。