食物繊維が多い「きのこ」

「きのこ」は、きのこ自身で光合成することができません。枯れ木や枯れ葉、育っている木の根から力を吸い取って成長する生き物です。つまり「きのこ」の栄養は、他からもらった栄養ということになります。

そんな「きのこ」には、食物繊維やビタミン、ミネラルなどが多く含まれています。

例えば食物繊維には、「腸の働き」を活性化させて体内の不要物を「排出させる働き」があります。なので健康食品として、非常に良い食べ物だと思います。

「きのこ」は体に良い食べ物なので、元気になりたい、精力を改善したいと思っている方にも「おすすめの食材」と言えます。
もしも体の「血液の流れ」が悪くなると、精力減退の原因になります。「きのこ」には、コレステロールを抑える性質があります。よって、血液をサラサラにする効果を期待できます。実際に「血液の流れ」を改善できたら、生活習慣病などを予防できるでしょう。そうすれば健康な体が手に入る、と思います。
健康的な食材と言える「きのこ」を活用して、精力の改善を目指していただけたらと思います。

料理で利用しやすい食材

キノコ「きのこ」という食材は、色々な料理で利用しやすい食材と言えます。
例えば鍋料理では、一度にたくさんの「きのこ」を食べることができます。鍋料理なら美味しく食べられる上に、体も温めることができます。健康的な料理と言えます。

そして「きのこ」は低カロリーなので、たくさん食べても肥満になることはありません。安心して食べられると思います。
ちなみに「きのこ」は、秋の野菜として知られています。秋は、食欲の秋とも言われる季節です。そんな秋の季節でも、「きのこ」なら食べても太りにくいでしょう。

きのこ鍋

「きのこ」を鍋料理でいただくなら、たくさん食べることができるでしょう。「きのこ」の調理法として、鍋料理を検討してください。

レシピ

きのこ鍋のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料

  • まいたけ …… 100g。
  • しいたけ …… 3枚。
  • しめじ …… 50g。
  • なめこ …… 50g。
  • えのき …… 1袋。
  • 絹ごし豆腐 …… 2分の1丁。
  • だし汁 …… 2カップ。
  • 料理酒 …… 100cc。
  • みりん …… 少々。
  • しょうゆ …… 少々。
  • 塩 …… 少々。

作り方

  1. 「まいたけ」と「しめじ」について、「石づき」を落として、いくつかに分けておきます。「しいたけ」を半分に切ります。「えのき」の根元を切ります。
  2. 「なめこ」については、熱湯で軽くぬめりを取ります。絹ごし豆腐を、食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋に「だし汁」「料理酒」「しょうゆ」「塩」「みりん」を加えて煮立たせます。煮立ったところへ「まいたけ」「しいたけ」「しめじ」「なめこ」「えのき」「絹ごし豆腐」を加えます。
  4. 全体に火が通ったら、出来上がりです。お好みで「七味トウガラシ」や「すだち」「かぼす」などを加えても良いです。

寄せ鍋にも使える「きのこ」

一般的な寄せ鍋と言えば、「しょうゆ」をベースにして鶏肉とカツオ、昆布でダシを取った鍋のことです。そこに「白菜」や「ネギ」、「豆腐」や「糸コンニャク」、「きのこ」や「肉団子」などを入れます。このような鍋を寄せ鍋と呼んでいる、と思います。

ただし、これらの一般的な食材を使わない鍋料理でも、寄せ鍋と呼ばれていることがあります。例えば肉と魚介類を一緒に入れたり、キャベツや水菜を入れたり、ソーセージや餃子を入れたりした物もあります。
とりあえずダシと食材が合っていれば、寄せ鍋と言って良いみたいです。

なお、味がまずいと、失敗したヤミ鍋となってしまいます。「食材の組み合わせ」については、美味しくなる物を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました